説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/03/06の日記



ムシウタ 11.夢滅ぼす予言」読了。

そういえば、ムシウタについてちゃんと感想をあまり書いたことない気がします。
俺の中で一時期ラノベ熱が上がった要因のシリーズであり
異能バトルにその時期ハマった原因でもある作品です。
そりゃあもうbug含めて相当好きなシリーズなんですが
最近は刊行ペースの遅さから結構話を忘れてたりするのがネック。
そんなムシウタの待望の本編新刊!クライマックス!
読む前からテンション高かったんですが読後の盛り上がりが凄かった。

話としては前半はbug9thとも呼べる話かもしれない。
大助のミッコに対する反応や人数の符号、状況でなんとなく話は読めたけど
実際、そのシーンを目の当たりにすると感慨深いものがありますね。
9巻でαとかいきなり出てきた時はえ?って思ったけど
ここにきて始原と始まりの違いが判明してかなりスッキリしました。

後半は久しぶりの総力戦でテンション上がりまくり。
今まで一番好きな戦闘シーンは5巻だったんですがそれを上回ったかも。
一部を除いてフルキャストで燃えないわけが無いですね!
ましてや相手が“浸父”の本体かつ“むしばね”との共闘だしね。
色々とハラハラ&盛り上がる戦闘だったのは読んでいただくとして
ラスト2行の衝撃的台詞で全て吹っ飛んだ感じ。
確かに電撃云々の表記の時点で気付くべきだったかもしれない・・・。
確かに彼女も登場してなかった一部ですが、他にも登場してないキャラ多く居たしなぁ。
ハルキヨや茶深一味何してるんでしょうねぇ。

物語も最終決戦と銘打たれてクライマックスムード。
これほどムシウタの次巻を待ちわびたことはない・・・今年中に出ないかなぁ。
“かっこう”も気になりますしね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4358-346eb500

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99