説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

魔法少女まどか☆マギカ 第09話

★魔法少女まどか☆マギカ 第09話 「そんなの、あたしが許さない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

独りぼっちは、寂しいもんな

あんこおおおおおおおお!!
(※あんこは杏子の「愛称」です、念のため)
4話の段階で杏子がこんなに良いキャラになると想像した人は居ただろうか?

1話アバンでほむほむが1人で戦っていた時点で
杏子との共闘作戦が無くなるんだろうとは思っていたし
杏子株がストップ高&死亡フラグの累積とさやかへの共感により
こういう結末は予想通りだし覚悟もしてました。

それでもこの作品で初めて泣いてしまったのは
杏子というキャラの昇華のさせ方と9話の展開と演出。
そして何よりも、上記の一連の台詞と祈りの絵の破壊力が高すぎた。
こんなの泣くに決まってるじゃねえか・・・!

さやかに対してここまで献身的なのは
2人が似ているようで真逆だった故に放っておけなかったんだろうな。
他人の幸せを願い魔法少女になった2人。
一方は自分のために戦い続けて最期には他人のために命を尽くした。
もう一方は他人のために戦い続けて最期には自分の幸せを絶望した。
杏子がさやかを一番理解していたからこその
「一緒にいてやるよ」なんだと思うと涙が止まりませんね・・・。

実際の胸中は色々複雑だったんだろうな。
ずっと孤独だったからさやかが孤独になる辛さもわかっていただろうし
まどかを巻き込んでしまった責任を感じた部分や
魔力を全て使い切る全力全開じゃないと倒せないと思ったのもあるだろう。
見方を変えると、このまま生き続けても魔女になるしかない運命だったのなら
さやかを助けるという行為で逝けてある意味幸せだったのかもしれない。
さやかも決定的に過ちを犯す前に杏子に止めてもらえて良かったんじゃないかな。
想い出の中に杏子の姿もあったことだしね。

そして憎むべきはQBェ・・・。
QB達の行動理念や魔法少女=魔女を産んでいる理由が判明。
エントロピー云々の無駄に理屈っぽい話や宇宙人がどうとかはさておいても
魔法少女が魔女になる瞬間のエネルギーが素晴らしいという時点で色々確信犯すぎる。
唐突に「〜だが」口調になってウザさアップだしな!
QBの言ってることは宇宙的に見れば確かにそれほど間違ってないのかもしれないし
価値観の相違でQBを悪とは断定できないけど
少なくともまどかの言うように“敵”であることには間違いないな。

感情が無い、人間のことはわからないといいつつも
明らかに神経逆なでするような言動を取ったり
“感情エネルギー”なんてものを利用するシステムを作り出してるんだから
まだ説明してないことや嘘を言っている可能性は否定できないな。
それに“ルール違反”の制約はどこにかかってるんだろう。
“契約”と“願い”を介するのは希望と絶望の差が大きいからなんだろうけどさ。

今までQBは説明不足ではあったけど決定的な嘘はついてないし
価値観の相違という理由でそこまで嫌いなキャラではなかったけど
杏子に対して「さやかを助けられる可能性はゼロじゃない」的なことを言いつつ
杏子が死んだ後にほむらに問われ「無理に決まってるじゃないか(笑)」と言ったのは絶対に許さない。
というより、杏子が死ぬように誘導してほむらを追い込む=
まどかを契約させようとしてるというのが許せないな。
まどかに対する「宇宙のために死んでくれる気になったら」というのは
裏表なく清々しい外道でこれはこれでアリだったんだけどなぁ・・・。

次回、魔法少女1人となり追い詰められたほむらは・・・。
そろそろ第1話アバンと繋がりそうですね。
個人的にアレは前ループかとずっと思っていたんですが
もしかしたらまどかの潜在能力が見せた予知夢だったのかと思うように。
10話のラストが「だから僕と契約して、魔法少女になってよ!」で終わりそうで恐い。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4365-628eeda6

コメント

>”魔女”さやか
騎士の人魚だったのは(最初、指揮者だと思ったんですが)生き様と末路、結界のコンサートホールは上條くんへの未練をあらわしていたんでしょうか?(彼らしき影が結界の中に居たのにはギョッとしましたが・・・まさか殺ってないよな・・・)
>「独りぼっちは、寂しいもんな」
>杏子がさやかを一番理解していたからこその「一緒にいてやるよ」なんだと思うと涙が止まりませんね・・・。
絶望の中に僅かでも救いがあったと信じたい、そして2人の冥福を祈りたいところです・・・
>そして憎むべきはQBェ・・・。
さすがに”個が存在しない故の価値観の違い”とかで勘弁できるレベルではなくなってきました。”悪意は無い”、”感情が理解できない”という話すら疑わしいような・・・(少なくとも心を理解できないものにそれを利用するシステムなんて思いつきはしないはず)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99