説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/03/23の日記



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」読了。

タイトルといいあらすじといい帯といい
あらゆる意味で「はがない」を彷彿させる作品。
これで読たんにコメントお願いしますと言えたおそらく担当が凄いな。
結論から言ってしまえば、思ったよりも似てない作品で
これなら読たんがコメント&持ち上げるのもわかるな、という内容でした。
人気作の二番煎じのような雰囲気はプラスになるかマイナスになるか微妙だけど
今回は内容の良さもありかなりプラスになったんじゃないかな。
「ラノベ部」でも言ってたけど、この帯の効果はかなりでかいと思う。

「はがない」と敢えて比較するなら
「なんだかんだで日常部活モノラブコメ」という所が一番似てるかな。
主人公ともう1人の邪気眼(♂)が極端に残念なぐらいで
女性陣が言動はキツイけど比較的まともだし男子比率高し。
こちらは一応奉仕部の部活動メインなので蓋を開けてみると受ける印象は全然違うかと。
主人公に共感できるのは圧倒的にこっちじゃないかな!
いやまぁ、俺が学生時代ぼっちだったわけじゃないですが。ほ、ホントだよ?

続刊するならキャラがこれ以上増えるのかどうかがポイントになりそう。
MFじゃないのでヒロインの数がそこまで多い必要はないと思うけど
最近のラノベの風潮だとヒロイン2人というのはちょっと寂しい気も。
好みで言えば雪乃さんだけど、女子増えてキャッキャウフフというのは見たい。
雪乃は性格残念とか紹介されてるけど、夜空に比べれば正論だし厳しいだけだよね!
そんなわけでデレる前のガハラさんのような印象を受けました。
結衣は最もラブコメさせやすそうなキャラだけど何だかんだで進展しないような・・・。
彩加は本当になんで女の子じゃないんだ、残念すぎる。

全体的に直球なパロや自虐ネタが多めなのは賛否両論分かれそう。
とりあえず北斗好きすぎだろう(笑)
ヒロイン2人がオタキャラじゃないのにやたらネタ多かった気がした。
他人とふれ合うことで変わっていく主人公や雪乃を生暖かい目で見守りつつ
ほのかなラブコメ臭と自虐ネタを楽しむ作品かな。
静先生と延々100Pぐらい会話してくれないかなと思いつつ。

そういえば結局、略称は「俺ガイル」なのか「はまち」なのか。
個人的には直球な前者の方が会話してるとわかりやすく思う。
俺とか僕とか付くタイトルが多くてややこしいっちゃややこしいけども。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4394-237f6169

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99