説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/04/05の日記

●日記

11040501


というわけでi7 2600Kとその他一式イヤッッホォォォオオォオウ!(AA略

思わずやってしまいまいsた・・・。
2年ぶりぐらいの大幅なPC構成の変更です。
ケースや電源やボード類は流用なので思ったよりは安上がりに。
とはいっても、最初はi5 2400あたりを買おうと思ってたのに
思ったより高くついた買い物になりましたが・・・。
購入したのはCPU、M/B、MEM、SSD、CPUクーラーその他小物です。

11040502


元々それなりに裏側配線をやってあったP182を流用。
おかげで配線では苦労しなかったけど掃除が面倒だった・・・。
後はプラットフォームがだいぶ飛んでるので久しぶりにがっつりマニュアル見ながらやったりとかね。

組み上がった後からが割と大変でした。
なんと自分が使ってたVGAとモニターの組み合わせではBIOS(UEFI)がまともに映らない。
その2つがダメということに気づくのにまず30分ぐらいかかりました・・・。
メモリとか電源とかその他が原因かと思って抜き差ししたり。
結局、別のグラボ+メインモニターでUEFIを確認。
端子1しかPOST画面映らないというのもまた面倒だった。
サブモニターなら元のVGAでもUEFI映ることが確認できたので
若干面倒ですが、端子1をサブ、端子2をメインモニターにしてOSからは
端子2のメインモニターのみ使用する設定にしましたとさ。

OS突っ込んでからはクロック可変系の設定に四苦八苦。
Turbo Boostという自動クロックアップ機能が働かなくて相当悩みました。
UEFIの設定のみで解決できたので結果的には良かった。
元々がLGA775のCore2Quadなのでメニューも全然違うんですよね。

そんなわけで以下スペック。

【CPU】Core i7 2600K @3.40GHz(定格+HTT&TB有効)
【FAN】MUGEN∞2 無限2 リビジョンB
【MEM】A-DATA DDR3-1333 4G x4
【M/B】ASRock P67 Pro3 B3
【SSD】crucial RealSSD C300 128GB
【VGA】GeForce 9600GT+ZALMAN VF900-Cu LED
【PCI】ONKYO SE-200PCI LTD

Q6600は常時OCで3.0GHz動作だったので体感はそこまで劇的に変化はせず。
ただ、OS→スタートアップ起動はもの凄く早くなりました、SSDのおかげだろうけど。
これからエンコを8スレッド用に煮詰めたりしていくと数値で体感出来るかも。
MEMがDDR2からDDR3環境かつ一気に4倍になったのも大きいと思います。
CPUのクロックは今のところ定格+TBの範囲で使うつもり。
もうOC切り詰めていくのは疲れたんだ・・・。
UEFIに簡単OC設定があったので4.0GHzにしたらあっさり起動しましたけどね。

そんなわけで半日以上使っての組み替え&セットアップでした。疲れた!
今後は何か作業するたびに「これ入れて無かったや」になると思うので
今後の方が大変なんですけどね・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4429-7e4d44e3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99