説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/04/06の日記

番組表を今期仕様に更新。
ストリーミングでのチェックも増えたし
わかりやすいように配信される曜日の欄に並べることに。
@ついてるのに配信でチェックするアニメ。
更にマウスオーバーでもう少し詳しい情報わかるように無駄に改良しました。

●日記

昨日に引き続いてのPC設定。

SSD(Real SSD C300)によりOS起動などサクサクになったんですが
ATOKでの変換中に一瞬固まるいわゆるプチフリ状態になることが。
【Crucial】 Real SSD C300/C400 Part11 【Micron】
を見ても同じような症状で悩んでる方はそれなりにいる様子。
解決策も色々出ているのですが自分が試した流れは

1. Win7標準のAHCIでややプチフリ
2. ATOKの設定が悪いのかと弄るもあまり変わらず
3. この際だからなんでも試そうとインテル・ラピッド(ryを入れる
4. 9.6推奨でしたがSP1だからかインストール出来なかったので10.1に
5. 何故かインストールの最後でエラー吐くもののソフト自体は入ってる様子
6. スレに出ているLPM無効をレジストリで設定
7. ドライブのプロパティのポリシーから書き込みキャッシュを無効

ここまでやると体感でのプチフリを感じなくなってました。
リソースモニター見てディスクアクセスの応答時間が0や1ばかりになるのも確認。
プチフリ環境だとアイドルに近くてもここが500とかになるのでわかりやすいです。

この状態でベンチ測ったら書き込み遅くて萎えたのでキャッシュ有効にしてみましたが
今のところ変換のもたつきなし、リソースモニターの応答時間も正常なようです。
人によっていはWin7標準AHCIでまともという人も居るようで謎ですね。
とりあえず今のところ快適なのでこれが続けばいいなぁ・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4431-7e238047

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99