説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

BLACK BLOOD BROTHERS 第09話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第09話 「第十一地区(イレブン・ヤード)」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

珍しく割とこれの感想を長く書いてたのに間違ってリロード押して消しちゃった俺ですorz

原作の4巻を読んでる最中なんですが4巻は過去話。
最近アニメの回想は1〜3巻で出てないシーンの回想が多々あるんですが
どうやらこれの元は4巻からのようで。
このままペースで行けば話数はあまりそうだしジローの転化を
回想+1話とかで再現してくれないかなぁ。

迷子になったコタロウの前にゼルマン再登場。
コタロウの危機を救ってあげただけでなくラーメンを奢ってあげて
更にはミミコ探しをも手伝ってくれる意外といい人ゼルマンさん!
でもコタロウを見る表情に照れが混じってて原作よりなんだか怪しい感じに(笑)
ゼルマンの真の興味はコタロウ(賢者イヴ)でも銀刀でもなく
始祖殺しとしてのジローだから、コタロウに対してのそれは完全に好意なんだろうね。
コタロウの転生前のアリス・イヴは他の血族に対して中立な立場を取っていて
彼女を敵視する血統は少なく皆が惹かれるような存在でしたが
それはコタロウにも受け継がれてるんでしょうかね。
カーサと戦ったら?→楽勝だはもっと格好いい感じの演出と思いきや
怖い系の演出で来たのでちょっと予想外だった。

わかりやすい伏線だったミミコ&ウォンとコタロウ&ゼルマンのすれ違い。
ウォンはコタロウを見てアリスと言ったしラストで偽物と発覚するし
コタロウが凄く知っているような人だった気がするという台詞といい
しきりにイレブン・ヤードについて気にしてる様子といい
このウォンの正体はばればれですね。勿論、ゼルマンは正体を悟ってる様子。

ミミコ&ウォンが見つけた輸血パックについてはちょっとわかりづらかったかも。
吸血鬼の吸血衝動を抑えるためにカンパニーは吸血鬼に輸血パックを提供してるんですが
発見された輸血パックにはカンパニーの印がなかったということで密輸と報告。
・九龍の血統の転化はすぐ始まるという情報
・オーギュストの九龍の血統への転化のタイムラグ
・カンパニーの印のない怪しい輸血パック
・香港の遺産の話とイレブン・ヤード
着実に伏線が張られているのでこの先の展開自体は割と読みやすいかもしれない。

次回はカンパニーの底力発揮!
あんまり目立ってなかったカンパニー代表の意外な一面が見られたり。
今後は最後に大きい戦闘があるのでそれも楽しみの一つ。
ホントはケインVSヤフリーの戦闘はもうちょっと長かったんだけど
尺の都合&あんまり大事なシーンじゃないので短くなってて残念だったし。
まー、ケインの強さが再現されてたので良しとしよう。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/444-f29f91f8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99