説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/04/19の日記



花物語」読了。

するがデビルということで最近影の薄かった駿河編。
今回はなんと阿良々木さん達が卒業した後の話で
神原駿河が語り手、なおかついつものネタ会話が皆無という異色作。
セカンドシーズンはどれも奇をてらった作りが多いというか
正直、徐々に右肩下がりになってる感は否めないのでどうにかしてほしい。
それでも面白いのはさすがなんですけどねぇ。
せっかくそれぞれのキャラの名前を冠しているので
ファーストシーズンと差別化する意味でこれはこれで好きではあります。

ネガティブな書き出しからになったのでまずはそっち方面。
ほぼ駿河が語り手かつ既存主要キャラが殆ど出てきません。
阿良々木さんの出番が多少あったぐらい。
そういう意味でも一番近いのは猫物語(白)か。
駿河と言えば阿良々木さんやガハラさんと絡んで面白いキャラですが
これが他のキャラと絡んだら会話の面白くないこと(苦笑)
というより、思ったよりもしっかりしてる娘なんですよね。
曰く馬鹿で真面目の通り、会話自体がかなりまとも。
真面目と言うのなら羽川が思い浮かぶけど羽川の話は面白いんだよなぁ。
BLネタや百合ネタや全裸ネタがないと駿河は輝けないというのか。

ただ、これは駿河に魅力がないとかそういうわけではなく
だいたいどのキャラも喋って面白いのにそれが無いというだけで。
人間性の成長や駿河の抱えてたものを解決していく様子や
独り立ちしようとする駿河を見ていて応援したくなる作品でした。
自分はやっぱり阿良々木さんと絡んでる駿河の方が好きだけど
たまにはこういう真面目な面が全開の駿河が居てもいいと思う。
時系列のことや内容のこともありなんとなく物語全体のエピローグぽかった。

今回一番輝いてたのはやっぱり「デレた貝木」じゃないでしょうか。
結局、一筋縄ではいかない所はブレなかったけど
貝木の意外な一面というかこの人も人間なんだなぁと思わされました。

時系列が先なこともあり未来が色々わかるのも楽しい。
ガハラさんは更正したかと思いきやガハラさんらしさ残ってて安心(笑)
阿良々木さんと火憐ちゃんの間に半年ぐらいで何があったのか気になりすぎる。
もう1冊まるまる妹2人の服を脱がせる物語作ってくれませんかね。歯磨きプレイでも可。

さて、次は6月の「囮物語」です。
セカンドシーズンでなかなか触れられなかった撫子のターンが遂に!
今までの話の流れからすると何らかの「卒業」が関わってきそう。
羽川同様に失恋でごたごたからの成長とかが王道だろうか。
時系列によっても変わってくるし扇ちゃんの伏線とかもあるしなぁ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4475-9f2f0b18

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99