説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/05/08の日記



半熟作家と“文学少女”な編集者」読了。

本巻にて“文学少女”シリーズが堂々完結!
結局、本編と同じだけの巻数が出たので
シリーズ刊行中に読み始めた自分としては本編終了後の付き合いの方が長かったり。
おかげで本編終わった後も終わった気がなかなかしなかったもんですが
今度こそ本当にこれ以上新刊が出ることはないんですね・・・。
心葉と遠子先輩とのお別れという感覚は本編終了時点で整理付いてるんですけどね。
それでもやっぱりもうこれ以上描かれることないんだなーと思うと切ない。
もっと読みたい話はそれこそたくさんあるんですが
“文学少女”シリーズのファンとしてはそれを“想像”するのが嗜みでしょうか。

とにかく野村美月先生と竹岡美穂さんはお疲れ様でした!
新シリーズの「“葵”ヒカルが地球にいたころ…」も手に取ります!

・・・と、簡単なシリーズ総括から入りました。
以下は本編の感想。


まず思ったのが野村美月先生はホントに嫌らしい男を書くのが得意だな、と(笑)
今回の主人公である雀宮快斗の第一印象はなかなかに最悪でした・・・。
シリーズ本編の流人の第一印象より悪かったかも。
完全に俺様系の上に言動がここぞとばかりにうざい。
しかも読者的には心葉x遠子先輩で完結してる中でのお邪魔虫。
何よりも作家という立場で有頂天になってるのが気に入らなかった。

それが終わる頃には成長したなぁと感動できるんだからさすがです。
失恋→やる気になるという流れは本編ラストを彷彿させますね。
本編は結果的に心葉は勝ち組になりましたが快斗は完全な失恋。
遠子先輩は本当に作家を育てる才能に溢れてるよなぁ・・・。
快斗が吹っ切るのが早い気はしたけど遠子先輩だからこそなのかな、と。

本編延長上の発展と言えば遂に遠子先輩が結婚!
あぁ〜、上でも書いたけど食べたら甘くとろけそうな二人のラブラブっぷりが見たかった!
遠子先輩の話を聞く限りあんまり学生時代と変化はなさそうですけどねー。
そして作中に出てくる快斗の初恋の“司書”さん。
まさかあの人物とは完全に予想外でした・・・。
ストレートに受け取れば遠子先輩っぽいけどそれならいくらなんでも気付くよなーと思いつつ。
もう少し、見習い後半を思い出しながら読むべきだった・・・!
自分の想像力が少ないだけかもしれませんが
このシリーズはホントに毎回ちょっと意外な展開が待っていて最後まで飽きることが無かったです。

(おそらく)2●歳にもなって制服がガチで似合う遠子先輩は改めてステキだと思いましたとさ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4544-f84ad201

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99