説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

うたわれるもの 第21話

★うたわれるもの 第21話 「大封印」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介→物語】

喋った!!ついにディー@池田秀一が喋った!!
登場してからかなり立ちますがやっと喋りましたねぇ・・・。
うお喋った?!ってのとシャアかよ!って驚きがあるかと(笑)
ゲームでは割と早めに声聞けるんですがアニメはかなりもったいぶった上に
今回は一言「頃合いだな」だけ。
まぁ、後半になれば嫌でも饒舌になるしあんまり出しゃばるのも変なので問題なし。
そういえばワーベもかなり久しぶりの登場でしたねぇ・・・。

クンネカムンの皇として、一人の幼い少女として板挟みになったあげく
ハウエンクアの謀略により全土統一を宣言してしまうクーヤ。
蔑まれる民や自国jを盤石にすれば死んだ人間は戻ってくるのか!!
は強烈だよなぁ・・・皇としてさぞかし苦悩した選択だったんでしょう。
クーヤの苦悩とは対照的に如何にも悪人なハウエンクアはキャラが良く立ってるわ。
ハウエンクアがやたらヒエンにベタベタしてたのが人を食ったようなキャラを表してるよ。
ヒエンがいまいち地味なのが、後々の行動の理由に繋がりにくい不安はある。

ハクオロは自分が良き者に囲まれ幸せなことを実感するけど
これはクーヤに対する心配から来るものなんだろうなぁ・・・。
言ってしまえばクーヤにはゲンジマルとサクヤしか居ないわけで。
ゲンジマルは生粋のエヴェンクルガだしサクヤは立場が弱い。
自身がシャクコポルで、それを統べる皇であるクーヤが
押し切ってしまうのはしょうがないとも言えるんだけどどう見ても破滅への道だよねぇ・・・。

オンカミヤムカイに進行するアヴ・カムゥ軍団に
オンカミヤリューの切り札「大封印(オン・リィヤーク)」発動。
この封印は後半の重大な要素になってるけどワーベの台詞から察せるかな?
オン・リィヤークはディーの妨害により失敗。
ディーは見た目通りオンカミヤリュー族なんだけど
その皇であるワーベがディーに対して態度を急に翻したのは
オンカミヤリュー族がどういう一族なのか考えるとわかりやすいかな。
アヴ・カムゥが一斉に抑えられる様は圧巻というか派手。
何故こんなに大きな封印なのかはラストで納得するはず。

オンカミヤムカイを制圧した後、順調にトゥスクルに進行するアヴ・カムゥ軍団。
クーヤの名によりハクオロを連れてくることを命じられた
ハウエンクア中心の少数の部隊ですがトウカやクロウですら文字通り刃が立たず。
っていうかここまで無敵なアヴ・カムゥを演出上どうやって倒すんだろうなぁ(笑)
ゲームではキャラの強さ的に気付けばあっさり倒せること多し・・・哀れ。
これだけアヴ・カムゥの無敵っぷりが演出されればさぞかしゲンジマルが栄えるであろう。
ハクオロは都の放棄を宣言、ベナウィ達一軍は民を逃がすための囮に。
ハクオロ、エルルゥ、アルルゥは民の先導にと部隊分け原作通りです。
原作では逃げ回って時間稼ぎーなステージなんだけど
アニメのアヴ・カムゥ見てると障害物とか一撃だし時間稼げるのかこれ(笑)

次回は予告映像でアルルゥが倒れててサプライズ過ぎ・・・。
いよいよ物語も終盤、ハクオロの正体も明らかに?
ちなみにここでエルルゥはハクオロの正体に気付くことになります。
原作でも知らぬふりしてたりでわかりづらいんですがインタビューでの公式設定。

○Amazon



それはそうとファミ通のうたわれの攻略本購入。
攻略情報はさておきインタビューがファン必見の内容ですよ!!
トゥスクルやワーベ、オボロの父親などの一世代前の設定。
白の神と黒の神の戦。カルラの父親や滅びた理由。
諸々の作中で明かされなかった設定の一部が語られています。
本編の補足説明のような内容も含んでいるので
正直いまいちストーリーを理解できなかったという人にもお勧めできますよ。
自分にはインタビューだけでも1300円出す価値がありました(笑)
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/463-f82d274e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99