説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

星空へ架かる橋 第10話

★星空へ架かる橋 第10話 「指輪、流れて……」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

円佳当番回。
前回の続きからなのにまったく出番がなかった陽菜先輩ェ。
円佳が綱引きの話を聞いて誤解してショックを受けるのが話の発端。
伊吹はともかく初は一馬に対して少なからず好意あるだろうに
それを気にせず一馬と円佳をくっつけようとする空気は怖かったな。
伊吹は自分も一馬が好きだから?初が一馬を好きだと思って拒否ったのかな。
初もなかなか煮えたぎらないので自業自得と言えばそうなんだけど・・・。
伊吹が初に一馬への気持ちを訪ねた時に
伊吹も一馬のことが好きと告白すればドロドロだったのになぁ(笑)

というわけで非協力である初や伊吹の出番は今回控えめ。
円佳回なので円佳の可愛さは強調されてるけど
ふりふり来たらこよりが意外にも可愛かった。
ハイキングの時の円佳の活発な格好も良かった。
やっぱり普段とギャップのある服装というのは良いものだ。

観覧車の時も2人でハイキングの時もそうなんだけど
目の前で円佳が一馬のこと好きかも?と騒ぎ立てられた後なのに
まったく意識してない一馬も大概だよなぁ・・・。
結果的に言えば後輩女子としか見てなかったからなんだろうけど。

一馬が円佳と過去に出会ってたことを思い出して良いムードかと思ったら
まさか死刑宣告ムードを円佳の方から作り出すとは・・・。
好きな人だからこそその人の気持ちが自分に向いてないことに気付いたのか。
回想と同じだけどまったく違う意味を持つ
「ずっと友達でいよう」という言葉は切なすぎた。
@2話あるのにちゃんとけじめを付けるのは珍しいよね。
強いて言えば、ここ最近の回で一馬が初を意識してるシーンをもう少し入れて欲しかったな。
特に前回なんてずっと陽菜先輩にかかりっきりだったしねぇ。

EDも円佳特別版、予告もシリアスと普段と違った雰囲気。
順当にけじめ付けていくなら次回は伊吹かなぁ・・・?
伊吹と言えばOPのワンシーンがやたら怖いしそれと関係ありそうなサブタイです。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4681-1d03c327

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99