説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

GOSICK -ゴシック- 第22話

★GOSICK -ゴシック- 第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

なんだよ息抜き回かよ!と思ったら全然そうじゃなかった!
アブリルさんはこんな所でも噛ませかつ
今後まともな出番がある気がしなくてカワイソス。

今回は途中からかなり話が急展開かつ真面目になったけど
ウサギの着ぐるみ被った団体がデモとか
人質なのを知らずに笑顔でヴィクトリカに手を振る一弥とか
シュールな絵面が多すぎるな・・・。
特に一弥はいくらなんでも楽観的すぎるだろう。
それだけグレヴィールのことを信用してたのかもしれないけど。
グレヴィール自体も父の言いなりになるだけの男では無さそうですけどねぇ。
話の流れが前回と似ているのが凄く気になる。
もっと言えばベルゼブブの頭蓋から同じパターンだよね、っていう。

桜庭一樹作品と言えばそこそこメインキャラに死人が出るので
個人的には誰が生き残るか!?が一番楽しみだったり(苦笑)
とりあえずコルデリアは亡くなりそうだな・・・となるとブライアンも危うい。
一弥とヴィクトリカ的には両アカデミーが潰れればハッピーエンドなのかもしれないけど。
某虚淵ほどじゃないけど、この人もハッピーエンドがねじ曲がってること多いので
そういう意味でもラストは本当に楽しみ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4717-ab26d289

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99