説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

Steins;Gate 第14話

★Steins;Gate 第14話 「形而下のネクローシス」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前回スルーされたと思っていたGまゆが一瞬だけどきたー!
萎えちゃんもそうだったけど、CGがアニメで再現されるのは嬉しいな。
予想通り、今回はまゆしぃの死が避けられない解説がメインだった。
同時にタイムリープが必ず成功する説明もすれば良かったけど
原作ではこの世界線でオカリンが死ぬのはずっと未来のことだから
ある程度の無茶をしても死なないはずっていう説明はループの所じゃなかったっけか。

展開が分かっていても何度もまゆしぃの死を目撃して
心が削られていくオカリンを見るのは辛いな・・・。
宮野さんの演技が原作よりパワーアップしてるように感じて
オカリンが泣いてるシーンではこちらももらい泣きしてしまったよ。
でも見てて辛くなるシーンはここだけじゃないんだよね。
オカリンにはホントに試練が立ちふさがりすぎる・・・。

助手とのマイフォークやらはいはいワロスワロスやらのやりとりで
久しぶりに作中で笑えたのがちょっとだけ救いだった。
事情を説明し助手に協力してもらって試行錯誤するのが今後の展開になります。
リープする側としては何度も同じ説明をするのはもどかしそうだけど
相手が優秀な助手だったことがオカリンの幸運だな。
様子をうかがっていた鈴羽が状況を察して
ダイバージェンスやらα・β世界線のこと、
そしてタイターの正体が自分であることを明かして終了。

次回は具体的に世界線を移動する方法を模索していく
久しぶりに希望に向かって進んでいく話に。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4768-645fa820

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99