説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

神様ドォルズ 第07話

★神様ドォルズ 第07話 「追憶の肖像」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

1話使っての匡平と阿幾の事情を説明する回想。
ぶっちゃけ、覚悟していたよりも普通というか
阿幾が良いダークヒーローすぎて阿幾の株が上がっただけだった気がするな。
先生は村に流れ着く過程は自業自得だと思うし
村で追い詰められる状況になったのは自分だけのせいじゃないけど
感情に流され、阿幾に自ら手を出して過ちを繰り返してるし擁護できないなぁ。

そしてこの回想での匡平の空気だこと・・・。
その場で怒り狂って阿幾にぶつかるのはしょうがないと思うけど
既に匡平は阿幾が先生を殺してないこと知ってるんだもんな。
それなのにちょっと阿幾に煽られただけで匡平ブチ切れすぎじゃない?
よっぽど好きな人が抱かれたのが妬ましかったのだろうか・・・。
逆に阿幾が匡平に固執する理由も結局わからないままだけどそのうち語られるのかなぁ。
匡平が隻を辞めた理由は無力だったことや責任を感じてって所か?

それよりも案山子の例の歌について情報増えたのが何よりも収穫だと思った。
玖吼理がビーム反射した時の歌が今回、匡平に操られてた玖吼理の歌と一緒だし
暗密刀についても阿幾と篤史で歌が違いましたね。
つまり、この歌は案山子ではなく隻のテーマだったということか。
それなら、反射時の玖吼理は匡平が操っていたか
匡平の力に呼応して玖吼理が力を発揮したとかそんな感じなのかなぁ?

今回で多少謎は解けたから良かったけど
回想だったせいで圧倒的詩緒ちゃん不足・・・!
次回は都会に戻るらしいしいつものノリに戻ってくれるのかな。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4906-3d6085e4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99