説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/08/30の日記



ゴールデンタイム」3巻 仮面舞踏会読了。

前回、結ばれた万里と香子は障害を乗り越えつつも
ラブラブバカップルとして平穏に時を過ごしていたのです。
・・・では収まらないよなぁ、やっぱ。
香子のヤンデレ風味の愛を受けられるのは凄く羨ましいけど
客観的に見ると、ホントにやなっさんのこと忘れられるの?と不安。
だってこの2人、未だに下の名前で呼び合ってるんだぜ(幼馴染みだからだけど)
それを不安に思う余裕が今回の万里には無かったからいいようなものの
自分が万里の立場だったら、名前で呼び合いたいとか思うだろうしなー。
なんというかゆゆぽ作品的に収まるところに綺麗に収まる気もするし。

今回のメインはずっと先延ばしになってたリンダとの関係。
前半はとにかくチキンな万里にイライラさせられたけど
いざ話さざるを得ない状況に追い込まれると割とあっさり。
なんとなく良い友達で居ようねムードで決着は付いた気がするんだけど
旧万里人格がここにきて表に現れるようになってまた不穏が・・・。
人格統合ならいいけど、新万里人格消滅だと悲しすぎるなぁ。
読者的には主人公がいきなり変わるようなものだし。

香子の態度がおかしいのはストレートに考えれば写真持って行ったからだよね。
万里はせめてもうちょっと言い訳っぽい言い回しをしなければなぁ・・・。
素直にリンダとの関係や夜あったことを話せば解決しそうなのに。
まぁ、そこに人格云々が絡んでややこしくなるんでしょうけど。
香子が悲しむ姿は見たくないから新万里がんばってくれ。

次回は年明け!
今シリーズはなんだか進行がまったりな気がします・・・。
他の速筆作者のシリーズも平行して買ってるからだろうか。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4950-b3b89eec

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99