説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

神様のメモ帳 第10話

★神様のメモ帳 第10話 「きみについて」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

紆余曲折あってやっと物語のスタートである1巻の話に戻って来ました。
1巻でアリスやニート達と出会って探偵助手として様々な人物と関わり成長していく・・・
というのがこの作品の見所の1つでありナルミの好感度が上がるポイントなんだけど
それがここまで引き延ばされてしまいました。

自分は原作既読者の視点で、ある程度補完して視聴してたから気にならなかったけど
平坂組のノリやアリスとの絆、四代目との盃等は1巻が下地にないと
納得の行く展開じゃなかったのかなぁ・・・と今更思いました。
1話が1巻の話じゃなかった時点で前提が違うのはもう諦めてたけど
アニメオンリーだと受ける印象もまったく変わってしまうんだろうなぁ。
そう考えると、2巻の話のカット多発よりも
1巻を先にやらなかったことが失敗と言わざるを得ないなぁ。

この話だけ見れば1巻からの改変はさほど気にならなかったんですけどね。
唯一、気になったと言えば、彩夏が立ち聞きしてた場面。
アニメ組でもアレが原因で飛び降りたのかなーぐらいは憶測できるだろうけど
原作と同じ展開にするなら微妙に食い違いが出るんじゃ・・・。
さすがにあそこから資料が見えたと思えないしなぁ。
だ、大丈夫だよね?ちゃんと帳尻合わせてくれるよね?
それよりも心配なのが後半のナルミのアレが改変されないかと
最後がどういう終わりになるのかだな・・・。
原作通りなら若干後味悪いけど、良くするなら原作クラッシュしないといけないしなぁ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4987-42c00901

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99