説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/09/19の日記



神様のメモ帳」8巻読了。

読み終わった後に表紙を見ると感慨深いものがある。

一度は終わったと思ったらエンジェル・フィックス(以下AF)事件。
再び浮き上がってきた事件を今度こそ徹底的に終わらせるという
1巻、3巻に続いての本筋に最も近い一連の話の今度こそ完結編。
大きく分けて3つの章のそれぞれのテーマが
麻雀→援交→麻薬と今作らしいダーティさが全開で良かった。
全てがAFに繋がっていて、様々な問題を抱え四代目とも対立することにもなり
それでも依頼だけに頼らず自分達で問題を解決しようと動くニート達。
まさに神メモの集大成とも言えるような話で大満足です。


話が大きく3つに別れてるので感想もそれぞれ書いてみます。

・三代目襲来、麻雀対決。

ナルミの特技が垣間見られたりそれよりアリスが凄かったり
やっぱり杉井光主人公のツッコミ気質は良かったり
なんだかんだでイイハナシダナーで四代目かっけぇ!とかそんな感じ。
イカサマのオチはえええええって思ったけど
最初からギャグだと思って見てれば良い話だったしまぁいいか。
これだけ見てると本当に短編らしい話です。

・援助交際、アニメオリジナルリサイクル。

アニメオリジナルの1話と似たお話。
ナルミが学校で活躍してるのを見ると猛烈に違和感が。
なんだかんだでAF事件に繋がっていきます。
舞台がラブホ、ネタが援交なのが被ってるぐらいで
事件の本質は1話と全然違うんだよなー。

・AF事件再び、四代目との決別。

AFと向き合うということは彩夏は避けられないわけで。
彩夏は記憶をまだ取り戻して無く、新しい人生を歩んでるようなものなので
情報を得るために負担をかけることも厭わない四代目のやり方にナルミは反発。
ついにはナルミの方から「盃を返す」発言で読んでるこちらも辛くなりました。

事件の顛末はなんともお粗末というか悪意とは無縁のものだったけど
その過程で彩夏が栽培してた花はAFの材料じゃなかったことを知れたのは大きい。
彩夏を中心としてAFにまつわる引っかかりがやっと無くなったような気がしますね。
これで彩夏自身もナルミやアリス達も今の彩夏とちゃんと向き合えるんじゃないでしょうか。
最近、空気だった彩夏がヒロインチックなのは嬉しかったけど
これって逆に考えればもう彩夏の出番はサブ同然なんじゃ・・・。
最終的に再び盃を交わせたのは本当に良かった。
ナルミと四代目のコンビはなんだかんで好きです。

あとがきによるとラストエピソードにもアニメで没ったアイデアが使われてるらしいけど
アニメのラストが1巻のAF事件なことと関連ありそうな発言ですよね。
アニメオリジナルで彩夏がすぐ目覚めて彩夏は悪くなかったというラストもアリかも。


ラストシーンが本当に綺麗で良い最終回だったと言いたくなるけど
これが最終巻じゃないと信じたい・・・まぁ、アリスの掘り下げもあるしねぇ。
それぐらい物語に綺麗に区切りが付いたので作者は他のシリーズに手を付けるのかなーとも思ったり。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5015-34404333

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99