説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

神様のメモ帳 第12話

★(終)神様のメモ帳 第12話 「君と僕と彼女のこと」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

で、1巻を最後に持ってきた意味とは何だったのか。
結局、最後は殆ど原作通りじゃないですかー!
8巻と照らし合わせて救いあるENDにすると思ったら全然そんなことはなかった。
やっぱり単に盛り上がると思ってこれをラストに持ってきたのと
華がなくなるから彩夏を出来るだけ動かしたかっただけなんだな。
諦めていたとはいえ、本当にそれだけなんだと思い知るとやっぱりがっかりする。

テツ先輩と四代目の決闘とかカットされてるシーンも多いけど
事件解決までの流れは概ね原作通りだったのが救いかな。
ちゃんとナルミがAFをキメてくれるのかも不安だったしね。
ジャンキーがいけるなら某Dクラッカーズもアニメ化出来そう。
今更メディア展開するわけがないほど昔の作品ですけど。
キメてる時の描写はやはり映像の方がわかりやすいと思ったけど
原作のガチで死にたくなってるナルミや神経をいじくり回され
精神が死んだとも言える状態をもっと表現して欲しかったなぁ。
「置いていくなよ!」も好きだったのになかったし。

本当にカットされて勿体なかったのはエピローグのアリスとナルミの会話。
あそこは彩夏の思いを丁寧にナルミに伝えようとして
ナルミがそれを「黙れよ!」と探偵の空しさを知る作品のテーマとも言えるシーンなのに。
映像重視にしちゃえばまぁそうなるのかなぁ・・・。
ちなみに原作では彩夏が目覚めるのは2巻(メオの話)のラストです。

まぁ、なんというか色々言いたいことは山ほどありますが
何度も言ってるように最初から妥協・・・諦めたので言うほど悪くはなかったと思う。
元々人を選ぶ原作で、ストリートギャングとかそういうノリがメインだから
アリスや彩夏目当てで見てた人はネガティブな感想しか浮かばなかったと思う。
原作ではAFが1巻なのですぐに萌え担当がアリスオンリーになるようなものだし
2巻のメオ話で四代目と盃交わすからそういうノリと受け入れられるんだけどな。
シャッフルのせいでキャラの繋がりが薄くなったのも寒く見られた原因かも。
確かに原作でも「アリス可愛い」という感想が一番出てくるんだけど
それだけじゃないのになぁ・・・こればっかりは文体の好みとかもあるので説明しづらい。

ということで素直に1〜3巻までアニメ化した方が良かったんじゃないか、という結論。
評価は原作加味した上でかなり甘めにしましたが・・・。
3巻はAF事件の後始末とも言える事件だし
神メモ全体を通してもそこで1つの区切りにもなる巻だしね。
もしアニメを見て原作が気になったけど同じ内容を読みたくない!
という人がいるなら3巻と5巻の一部とそれ以降を読めばカバー出来ますが
出来れば原作1巻を読んでアニメと感じるものが違うことを知って欲しいです・・・。
メディアの違いを(ry とは言うけどそれが言えるのは根本がしっかりしてる時だけだよね。
原作厨と言われようがなんだろうが、とにかく原作1巻だけでも読んでもらいたい。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5033-c72db5e6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99