説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

花咲くいろは 第25話

★花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翠荘」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

最終話手前なのになんだこの最悪な雰囲気・・・。
ドロドロ展開は確かに好きだけどそれはキャラがあってと思うんだけどなぁ。
今回のマリー脚本は話の都合に合わせてキャラが歪んでたようにしか見えなかった。
特にみんちに成長が感じられない(後半フォローあったけど)のと
年長組の蓮さんや巴さんまでまったくお客様が見えてないどころか
その2人が板場でケンカし出すとかそりゃ緒花じゃなくても
こんなの喜翠荘じゃないって言い出したくもなるわ。
それに真っ先に気付いたのはなこち。さすがなこち。
なこち自身も自分のためという面も強いんだろうけどね。

キャラ崩壊してて複雑な気分ではあったけど
ストーリー的にはどっちが正解とかないんだよね。
バイキングの例を取っても初見ならバイキングなのに
クオリティの高さに喜んでもらえるだろうけど
常連さんの中には部屋でゆっくりしたい人もいるという。
経営だけを見れば若旦那達がやってることはそこまで間違ってない。
それが喜翠荘の良さを殺してるのと元のサービスと比較する・・・となるだけで。
ただ、自分達の力だけでやりきろうと意固地になってた若旦那は頂けない。
ちゃんとNOと言えてビンタ出来る崇子さんは偉いのかもしれない。

前半は正直、見ててかなりモヤモヤしたけど
皆が意見をぶつけ合ったり皐月さんや女将が仲居として出るという話になり一転。
親子三代並んでるシーンは不覚にも泣きそうになりました。
描写はなかったけど、女将さんは一度ぐらいはこんな光景夢見たことあったんじゃないかな。
今回は謎の感動が多かったけど、実は殆ど問題解決してない罠。
本編といい予告といい、女将、お前消えるのか・・・?状態ですが果たして。
今回、空気だった考ちゃんとともに最終回どうなるやら。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5035-34a2b95b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99