説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/09/30の反応

反応

>一 さん
>>マリーマジックが発動した花咲くいろは25話
>ここまで予約の客が増えた唯一の原因の雑誌に載ったいいサービスの部分を速攻で変えてしまうとか凄いな、
>記事を書いた人の立場がないような…もしかして皐月さん首になって喜翠荘に来たのかと思ってしまった。
>「他の旅館はもっととったってやっていけてるよ」って若旦那は現実を見ろよ他の旅館とは全ての規模が違うのだから。
>喜翠荘の売りだったお客様のためのサービスが無くなって行くのはいただけないな。
>雑誌見てきた人は記事の内容と違うとか思うのかな

唯一の救いはネガティブな意見が全然出てなかったことでしょうかねぇ・・・。
それにしたって最終回でそういう意見がぽつぽつ出てくる可能性もあるだろうなぁ。
>バイキングに変えるのだったら帳面につけるほど
>昔からひいきにしてもらっている常連さんには連絡を入れるぐらいの気遣いは欲しかったな…。
>お年を召されたお客様の中にはバイキングを嫌う人とかいるのに…
>バイキングの部屋まで行くのはいいけどバイキングで食べ物をとったりするところが気を使ってくつろげない年配の人っているしな。

前みたいにサービスに差を付けようと言い出さなかっただけ成長はしてるのかもしれないけど
常連さんに対する直接のフォローぐらいは立場が偉い人から欲しかった気がしますねぇ。
>何だろう緒花が可哀想過ぎる…喜翠荘のためにぼんぼり祭りの手伝いという
>地域の行事で一番大事なものに参加したのにこの扱いはないだろ…。まめ爺だけは最高の男だったけどな。
>それにしても望み札ぐらい皆書けよ…喜翠荘を守りたいとか書く時間ぐらいあるだろうが。

みんちのツンっぷりはいつものこととはいえ、仲直りしたばっかりだというのに・・・。
それよりも大人達が一貫して「空気読めよ」みたいな態度が頂けなさすぎる。
>「やめなよ女将さんの味方」ってだいぶ前に民子は女将さんには返しきれない恩があるとか言っていたのに…
>あっという間に敵扱いとはなんか凄く悲しいな。というかなんで女将さんとの勝負になっているんだ、
>勝ったらどうなるんだ。旅館経営の問題が一番大きかったはずのに…。

緒花とかが言ってたとおり結局ソレですよね・・・。
集団心理みたいなもので敵が出来て一致団結というのは理解は出来るんだけど
今までそういう面を見せなかったキャラが一気に悪役になるのは納得できなかったです。
>友達を女将の部屋に泊める話の時の女将は喜翠荘の女将と言うより緒花のお婆ちゃんの優しい顔だったな
>…思わずにやけてしまった。で泊める相手が男で孝ちゃんというのは緒花は言ったのかな(笑)。

女将はそれを見抜いた上で優しい顔だったんじゃないかな・・・あの女将だし。
>若旦那の経営方針は間違ってる。仕事を辞めるのが確定しているまめ爺と女子高生三人を通常戦力と考えているのが有り得ないし、
>民子が学校の授業中に居眠りしているぐらい体力を消耗してたり、
>他の従業員達も女将に対する意地で全ての力を出し尽くして無休で働いている時点で
>すぐにオーバーワークして経営が崩壊するのは目に見えているよ。

従業員全員が自らオーバーワークをしたいと言ってるんだろうけど
経営者というかトップとして冷静になるべきなのは確かですよね・・・。
>菜子が緒花から女将さんの本当の気持ちを聞き出したりそのやり取りを女将が聴いていたりしていたのも印象に残ったな。
>「女将さんには分からないんだよ自分が走れる人だから自分だけの夢はもてない走れないけど
>夢を持っている人に一生懸命付いていく事それが夢になる人だっているんだから」は良い台詞だったな。

自分含む視聴者も共感できる部分だったと思うし、それを受動的ななこちに言わせたのは良かったです。
そうなんですよね、なんだかんだで夢があってそれを目標に働いてる人間なんて現実には少ない。
憧れの人が居てそれを追えるというだけでも恵まれてると言えるぐらいだと思います。
>このままだと女将が常日頃言っていた「お客様が第一、自分たちの事は二の次、三の次」と言う
>喜翠荘の一番大事にしてきたものはどこに行ってしまうのだろうと思っていたら、
>巴さんの負傷により女将と皐月さんが参戦することになり思わず嬉しくなってニヤニヤしてしまった。

皐月さんは最初から働くつもりだっただろうし、どの時点で決心してたんだろうな・・・。
女将も巴さんが元気でも仲居として出るつもりだったろうし・・・四十万の女は格好良すぎますね。
>女将と皐月さんが仲居の仕事に参加しだしてからの安心感は凄いな。
>菜子がお客様に部屋でジュースを注いでたり、女将が子供の相手をしていたところなどはほっこりしっぱなしでした。
>背筋がぴんとした親子三代並んでいるシーンはここまで見続けたかいがありましたとしか言いようがないな。

1話で緒花と女将が対面した時はこんな光景拝めるとは思いませんでしたねぇ。
>>R−15
>序盤は小説能力発動からわけがわからないよ状態になることが多かったな…
>中盤は話が普通に分かるラブコメのような話だったけど、最後にはまた迷いを捨てた能力発動から
>謎の感動展開大合唱に持ってくるとはさすが天才達は違いますね(笑)。

あの謎固有結界がなければとっくに切ってたかもしれない。
謡江ちゃんの可愛さとあのおバカ演出で一気に面白くなった気がします。
>約9分のクソ長い一曲通しの挿入歌はマクロスでもメドレーでもしなければ9分超えは無理だよな(笑)。
>それにしてもみんなの願いをかなえるアイドルの天才の謡江さんが良い子すぎでした。

そういえばマクロスFの娘々メドレーも長かった・・・でもあっちはメドレーだからなぁ。
R-15も曲自体がクラシックみたいに章仕立てになってそうではあるけど。
謡江ちゃんはそう言いつつも諦めてないっぽい所がいいですね、やっぱこの娘可愛いや。
>これで鼻血アニメとマッドサイエンティストは全部終わったのかな。
>今期はいろんな理由で鼻血をだす鼻血キャラ多かったな、
>鳳凰院さんと香学創とセイグリのどう見てもマッドな人とみんな主役・脇役・悪役と路線が違ってよかった(笑)。

コメントもらうまで博士(R-15)の本名を完全に忘却してたぜぇ・・・。
鼻血自体は昔のラブコメによくあるシチュだけど、確かにえらい今期固まってましたね。
>Fate/Zeroは虚淵の小説が原作か…そういえば四冊とも虚淵だから買っていたんだよな…
>というかまだ読んでないというか透明な袋をとっていなかったのを思い出したよ…。
>それにしてもまどかと化物語で新聞に記事が載ったりと虚淵玄と西尾維新の注目度がもの凄く上がったな。

Fateはアニメでしか知らないので、単純に一作品としてチェックすることになりそう。
原作の著者が虚淵だったことも知らなかったというね。
西尾は一般人的にはDEATH NOTEノベライズの方が知られてそうだけど著者まで普通見ないのかな・・・。

>ABAYO さん
>>アイドルマスター 第09話
>>亜美真美回だと思ったらあずささん回だったような気がしないでもない。
>あずささん、犯人あんたかよ!(汗)
>っていうか4年くらい前にプリキュアでこんな話があったような・・・(あれも大概酷いオチでした)

大体こういうのはおっとり天然系がオチというパターンが多いですよね。
前回が割とあずささんの魅力をストレートに出した回だったので今回の暗黒面(?)は面白かったです。
>>春香さんはメインなのに最近影薄いので〜
>二次創作やスピンオフじゃネタばかりやらされてるイメージがあるんで]
>印象にのこりやすいんですけどね・・・・(春閣下とか、ののワさんとか)

ですね・・・その2つは自分でも名前聞いたことあるレベルですし。
>>BLOOD-C 第11話
>>先生はともかくとして、双子と時真君のクズっぷりのワロタ。
>どいつもこいつもドス黒過ぎるでゴワス((((;゚Д゚))))

こんな非人道的実験に報酬目当てで釣られる時点でまぁそうですよねー。
委員長も良い人そうに見えるけど、報酬目当てなのは事実なんだろうな。
>>双子は台詞からして売春の元締とかやってたのかな?
>だとすると客と揉めて殺したらマフィアかなんかだったとか。
>他にも売ってたのは春じゃなくてクスリとかもありそうですね・・・

さすがに双子は未成年っぽいので、その立場でヤバイレベルとは相当やんちゃしたんだろうな。
寧ろ、マスターの権力に驚くべきなのか。
>>次回でテレビ放送は終わりだけどちゃんと終われるのだろうか。
>一応「TVシリーズはTVシリーズで完結する」って話ですけど本編完結=伏線全て回収とは限らないですからね。

キリよく終わってくれればそれでいいんですけどね(00みたいに)。
続編というか完結は映画だったけど、映画見てない自分でも00最終回には納得してるし。
>>輪るピングドラム 第10話
>そういえばプロジェクトMの話になってから気になっていたんですが、
>「生存戦略」の時に出てくるクマのロボット(テディドラムというそうです)、
>姫の乗ってる白い方から晶馬達の乗ってる黒い方へ股間同士で連結されるのって
>どうもナニの暗喩っぽい気がするんですが考えすぎでしょうか?(でも、これだと男が女に挿れられてるんですが)

そもそも生存戦略(特に1話)自体がソレっぽい行為の暗喩に見えますしねぇ。
生命を誕生させるのが生存戦略と言われると納得出来る気がするし
全体的にそーいうテーマなんだろうなぁとは思ってますね。
>>・・・1話空けてまで引っ張ったのに晶馬元気すぎてワロタ。
>とはいえその場で復活せず病院に担ぎ込まれるあたり兄貴よりは常人っぽいですね。(このぐらいなら現実に居そうだし)
>でも、なんとなく苹果は撥ねられても平気なイメージが・・・

当たり所が良かったっていうのは無くもない話なんでしょうが
いくらなんでも兄弟揃って頑丈すぎるのは怪しい・・・実は兄弟もゾンビとかじゃないだろうな。
>>晶馬の発言がイケメン過ぎてもう苹果は晶馬とくっつけばいいんじゃないかな。何気に「晶馬君」って読んでたしね。
>一応「大事な友達」ってレベルまでは自覚があるようなんですがね・・・

苹果が素直にヒロインしてくれたら可愛いと思うから個人的に期待したい展開ですね。
>>結局、冠葉が陽毬に語った欲しくないプレゼントは経験談か。
>確かにいわゆるバカップルならともかく兄貴みたいなタイプにあのプレゼントは無いと思います。

逆に言えば、陽毬の前で辛辣に言いたくなるぐらい嫌な思い出なんでしょうね・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5047-c47f7762

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99