説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/10/07の反応

反応

>ABAYO さん
>>輪るピングドラム 第11話
>>バイクの人物
>>シルエットが違う・・・というかゆりっぽかったしなぁ。
>一応体形からすると女性なのは確かっぽいですけど顔が見えなきゃどうとでも誤魔化せますからね・・・

新キャラが出る可能性は高いとは思うけど
現状、登場人物に意味があるとするなら可能性高いのはゆりですからねー。
>>ゆりが日記の後半を持ってるとするなら恋のライバル以外に何か考えててもおかしくない。
>ただ日記を奪ったのが本当にゆりだとするとなんの目的で?という話になるんですが・・・
>ペンギン帽が3つも4つも出てきても正直困るような気もしますし。

そうなんですよね・・・実は●●でした!だと新キャラ登場と大差ないわけで。
プロジェクトMを提唱しててもおかしくないキャラではありますが・・・。
>>まさか本当にサリン絡みの話なのか・・・?
>最初全然繋がらなかったんですがそこらの感想見てギョっとしました(汗)
>いくら十年以上前の話とはいえ実在の事件、特に死傷者が大勢出てるのを描くってのは
>生臭さもさることながらいろいろ問題になりやすそうだし・・・

事件が事件なだけあってタブーというか腫れ物に近いですしねぇ。
>>アイドルマスター 第10話
>アイドル大運動会ってことなら、どうせならコミカライズ版のキャラも出して欲しかったような・・・
>(魔王エンジェルや美心(みこころ)はもともと原作の名前だけのキャラが基になってるらしいし)

アニメ組はモブぐらいにしか思わないんだから、もう少し遊び心あっても良かった気はしますねー。
>>そんな中で千早さんの空気っぷりと言ったら泣いた。
>せめて美希と絡ませてくれれば・・・でもストーリーもので千早を目立たせるなら、
>イジりたおすか、メインに据えてシリアス一辺倒でいくしかないような気も・・・

下手に動かすとキャラが違うとか言われそうだし扱いが難しそうな印象はありますね。
>>DS組
>原作知識ゼロの人(まあ観てないと思うけど)は3人娘の中に男が一人混じってるとは思うまい(苦笑)
>「ディアリースターズ」もアニメで観てみたいですね。(特に涼ルート)

りっちゃんのいとこが男の娘なことぐらいですね・・・<知識
ストーリーがどうなってるのかは知らないけど、積極的に絡ませるのは難しいのかなぁ?
>>BLOOD-C 第12話
>結局TVシリーズも完結してねぇじゃねぇかと思うけど一応謎は概ね明らかになったので、
>ゲームとかならED後に「エクストラシナリオに進みますか?」の選択肢が出たところで終わったと考えれば納得は出来るか?
>・・・(映画観に行くが「はい」と・・・)

興行収入がいくらまで行くのかが楽しみですね(苦笑)
映像化まで待てばそのうちレンタルとかで見られるし、その頃には気にならなくなってそうな。
映画やる時期ですら既にどうでもよくなってそうな気がしてならない俺です。
>血戦の地が東京ってのは予想通りでした。(誰か東京タワーで串刺しになるか突き落とされるかすると思う)
一人残った優花がそんなグロい死に方しそうな気がしないでも。
>無駄に多いグロはどうでもいいけど、口封じは理に適ってる。
>人間がミキサーで磨り潰されるとかなんかもうやりすぎというか「きょうふのキョーちゃん」を思い出しました。
>町ごと焼き払うとかじゃなくてわざわざ古きものを使っての大虐殺なんてやらかしたのは単なる悪趣味というより
>人を喰うことを拒む小夜に対する当てつけだったのかもしれません。

キョーちゃんは知らなかったのでググったらこんなものがあったのか・・・。
火災だとどうしても外からバレバレになるから避けたんじゃないでしょうかね。
銃殺もしてたので単に手っ取り早い方法がコレだった+当てつけみたいな感じでしょうか。
>まあ、あの町には何の罪も無い人間なんてほとんどいそうにないし(
>今考えたら大人や若者はいても十代半ばより下の”子供”は一人もいなかったような・・・)
>どいつもこいつも人外の腹の中なんてのは似合いの末路かも・・・

「話が違う」という台詞からある程度の説明は受けてるんでしょうしねぇ・・・。
小夜のことも詳しくは知らなくても実験のために街に住む、安全は保証するし金は出す。
とか言われて釣られた人多数なんだろうなぁ。

>一 さん
>>花咲くいろは26話、これで最終回か…もういい最終回だったって言えないのは寂しいな。
>『四十万スイになりたい』や皐月さんの「くっそー負けた」とかはニヤニヤしてしまった。
>まさか女将がぼんぼると言うようになるとはね。
>女将は孫の緒花の描いた望み札の四十万スイになりたいを見て嬉しかっただろうな。

女将のぼんぼるはどことなくむず痒いですね(笑)
緒花が言ってるのを聞いたら喜びそうだなぁ・・・。
>緒花はやっと自分から孝ちゃんに告白できてよかったな…
>空気読めてないというか話を聞いていないというか緒花らしい告白でしたね。
>そして孝ちゃんは一話に告白してからずっと緒花のことを待っていたけど待っていたかいがあってよかったね。
>それにしても緒花の告白する前の表情が不気味すぎでした(笑)。
>まあ色々あったけど彼氏彼女の二人で焼きそば食うとか…リア充カップルよかったな。

この日をどんな気持ちで迎えたのか緒花の心情を知りたいですね(笑)
誘った時から既に祭りで告白するつもりだったのかなー?とか
どう伝えるかどのタイミングで伝えるのか、いつも考える前に行動する緒花が
悶々と考えていたのかなーとか想像すると胸が熱くなります。
>若旦那の喜翠荘を畳むのに賛成のところは良かったな。
>若旦那と崇子さんもしっかりとしたまたいつか喜翠荘を再開するという夢をもてたし。
>バイキング形式を一度やって元のやり方をもう一度やったから
>「母さんが女将が喜ぶ旅館を俺つくりたいんだ」というの意味が良く出ていたかな。

最後まで喜「翠」荘であることをみんな望んだと思うと感慨深いですね。
一時期は喜「花」荘とかになるんじゃないか?とか思ってましたけど。
>そういえば修学旅行の時の番頭といい若旦那といい
>よそで修行しないと旅館業にとって大事な事が学べなくて駄目なのかなと思ってしまった。

若旦那の場合は元々実家ですからどうしても狭い視点になるんでしょうねぇ。
>女将と皐月さんのやり取りで「緒花と一緒に東京来ればいいのに」と言う言葉が皐月さんから出るとは…
>そして女将が最後に「憎たらしい母親でい続けてやるよあんたのためにもね」こういうことを言うとは…
>一話の頃からずっと見てきたからこそのいいシーンでした。
>出版社殴り込みから皐月さんが喜翠荘に泊まりに来て親子三代で飲んだシーンとか懐かしいな…
>こう感じるのは2クール以上やっている作品の味みたいなものかな。

作中で大人な人達の会話は良いですよね・・・豆爺とか。
というかいくつになっても親子という関係は端から見てもいいものだと思われます。
>孝ちゃんは喜翠荘に来たのはいいけど次郎丸さんと同じ部屋とは…
>「居場所ってさ元々そこにあるもんじゃないんだなって、自分で見つけて自分で作っていくもんだなってお前を見て思った」
>と言った孝ちゃんには緒花の見つけた喜翠荘という居場所に一度客として泊まって欲しかったな。
>その後の大事な事を言おうとすると次郎丸さんに邪魔をされるのは期待通りでしたね。

きっと次郎丸と昨晩はお楽しみ(ry
てっきり気を利かせて緒花と一緒の部屋で寝かせるのかと思いきやそんなことはなかったぜ・・・。
>民子は「あんなのに負けただなんて徹さん可哀想」とか最後まで勝ち負けにこだわるな…
>民子は主役じゃないけど小見川の代表キャラになったな。
>菜子の台詞「でもまた戻って来たいな、いっぱいの夢が生まれる場所に」は気持ちがこもっていて良かったな。

みんちで培ったものが他の作品で活かされるか楽しみにしておきます(笑)
なこちは今まで仕事ばっかりだった生活からどういう学生生活送るのか気になるな。
みんちはなんだかんだで独学で勉強したり働き先はあるようだし。
結名と2人でつるむことが増えたりしたりそれはそれで面白そう。
>喜翠荘の看板を外しているのを皆で見ているシーンは寂しくなったな…
>巴さんや蓮さんが泣くのも分かるよ、結名も寂しそうに見ていたし。
>そしてまめ爺の「またねスイちゃん」からの女将の最後の喜翠荘の見納めとお別れのシーンはグッときたな
>厨房のホワイトボードに徹さんは『お世話になりました』と書き残しているし、
>女将の見た思い出と大勢の客がいて活気があり従業員みんな笑顔で働いている幸せな風景は良かったな…。

2人がただの友人に戻った瞬間でしたね。
想い出演出は泣かせに来てるとわかってても泣いてしまいました。
>緒花の「ちゃんと喜翠荘とお別れしたくて」の後の緒花が床の木目の話をしだした時に
>女将は顔をそむけて顔に手を当てていたけど女将は泣いていたのかな…胸に来るこのシーン好きです。
>業務日誌を女将が緒花に渡すシーンもよかったけどね。

最後まで直接涙を流す描写がなかった女将は良い意味でラスボスでしたね。
その女将もこのタイミングで孫にそんなこと言われたら・・・あの場面はきっと泣いていたと思っています。
緒花もそれに気付いてるけど敢えてそれに触れないみたいな関係だといいな。
>「待ってるよ」と女将が雪が降り出したなか緒花が乗った汽車を見送るシーンから始まるエピローグはほっこりしっぱなしでした。
>エピローグを見ていると菜子が一番成長したように感じるな、
>これで女将が仲居として働いている姿があれば私の涙腺はどうなっていたか分からないよ。

エピローグだけで1話ぐらい作ってくれないかなー。
P.A.だし番外編作ってくれそうな気もするけど、あったとしても作中の間の話になりそう。
>緒花は湯乃鷺に1年も居なかったけれど充実していた時間だったのだろうな…
>一年もたたずに東京の同じ高校に戻ってくるのは珍しいのかな。

アニメ放映と同じく半年ぐらいですよねー。
なんだかずっと居たような感覚なのは喜翠荘のメンバーも同じなんじゃないかな。
>東京での緒花の家でのシーンは一話を思い出すな。
>そして最後のエンディングのシーンで緒花が挨拶していたのは波子だったのかな(笑)。

電子レンジを開ける構図も同じですしね。
OPサビっぽい走りをしてる部分ですよね?>波子 確かに似てるんですよね・・・。
>最終話を見てからまた一話を見ると緒花達の変化がよく分かって面白いな…というか物凄い変わりようだ(笑)。
>ニコニコ動画のは毎回はヘッドホンで聞いていたけど最終回はヘッドホンで聞くととても楽しめて良かったです。
>『花咲くいろは』よありがとうそしてありがとう、ぼんぼろうという気持ちになれる作品でした。

ホビロンとぼんぼるがどれだけ流行るのかが楽しみだけど
放映中もそこまで流行ってた印象がないから厳しいか(笑)
>オリジナルと地域の祭といえばP.A.WORKSのイメージが私の中では焼きついてしまったな…
>といってもtrue tearsとABと花咲くいろはしかP.A.WORKSの作品は見てないのですけどね。
年1本ペースですしね。

CANAANを途中でぶん投げたのが悔やまれる・・・今なら完走出来そうなんだけどな。
次回作のAnotherはP.A.が初の原作付きを手がけますね。
>そしてマリーは手加減してください。
>http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-4315.html

なんというかまぁ作品から伝わってくるものの予想通りな・・・。
個人的には好みの傾向なんだけど、
それをやりたいがためにキャラが崩れるのは勘弁して欲しいといろはで思いました。
>そういえば今年はオリジナルアニメラッシュだったけど
>秋からはオリジナルアニメはノイタミナだけなのかな…そういえばガンダムがあるのか。

ラストエグザイルがオリジナルなぐらいですかね。
まぁ、2クール目のピンドラがありますしねー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5067-1d17e03b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99