説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

境界線上のホライゾン 第01話

★(新)境界線上のホライゾン 第01話 「境界線前の整列者達」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作未読。
作者の川上稔氏の前シリーズである「終わりのクロニクル」は面白かったので
新シリーズも読もうと1巻上下セットで買ったのはいいんですが・・・。
1巻上を数Pめくった所で大量の用語集が出てきてそこで本を閉じました。
先に設定や用語を叩き込まないといけない作品は苦手なんですよ。
作中の中であからさまに説明台詞乙とかの方がまだいいぐらい。
実際に原作をめくってもらえばわかるんですが
この設定資料集的なもの、ラノベにあるまじき量です。
多少の設定ぐらい理解して読めよ・・・とかいう人は是非実物を見て欲しいです(笑)

そんないきさつがあって個人的にもう触れることもないかなーと思ってた作品です。
原作の分厚さを知ってるだけにアニメ化の情報が出た時は冗談かと思いました。
そしてどうせなら「終わクロ」アニメ化してくれよ!と思ったもんです。
バンダイチャンネルで配信されてるのでまぁ見てみるかということで視聴。

前置きが長くなりましたが本編はまぁ概ね原作を読んだ時と似たような感想。
今期は1話で解説ぶん投げてドタバタやったりするアニメが多いけど
ホライゾンもそんな中の一つで悪目立ちしなかったのは良かったと思う。
川上稔作品を少しでも知ってると破天荒なノリはソレっぽいなーと感じるけど
ノータッチの人はこのテンションに付いてこれるかは疑問。
説明は一応ナレであったけど台詞で聞いただけじゃいまいちピンと来ず
後から文字で見てやっと理解できたよ・・・。
要はもう一度神に近づくために歴史をやり直してる
&日本しか住めないのでそこで分割して歴史再現ってことか。

おっぱいキャラが多いのは氏の作品の仕様なのはわかってるけど
アニメになるとどうしても過剰な乳揺れが気になってしゃーない。
バランスの良い大きさが居ないのもマイナスポイント。
乳揉みが規制されてたのも解せないんだぜ。
キャラ多すぎて誰見ていいかわからないので様子見かなぁ・・・。
先生とマリーナのキャラがなんとなく良さげだったぐらい。

戦闘シーンはさすがサンライズ気合入れてるだけあって申し分無し。
キャラ少なければもっと絵的にも見やすいのが勿体ないぐらいか。

というわけで、1話の時点ではようわからんけどクオリティは高い。
今後見やすければ視聴続けていこうかなーという感じ。
ハマれば原作を読み直すこともあるかも・・・しれない。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5084-6e97f516

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99