説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/10/28の反応

反応

>UFP さん
>>WORKING'!!
>>春菜さん初登場
>”まともな登場は”ですね。
>1期とか2期1話とか時々出てマンホールに消えてたりしましたので。

後から思えばあのマンホールがそうだったのかーって感じですねぇ。
1期の時、奥さんについて方向音痴すら語られた記憶がないのですぐ結びつかなかったです。

>ABAYO さん
>アイマス13話の感想がピングドラムのカテゴリに入ってますよ。

ご指摘ありがとうございます!カテゴリー1つズレて選択してました・・・。
>>アイドルマスター 第11話
>>最近空気になりがちだった千早の出番も解消されて何よりです。
>後期OPとかで伏線らしきものがあるので今後千早の事情に踏み込むような話もあるかもしれません
>(とりあえずネタ方面は15話をお楽しみに)

春香とコンビみたいな目立つ位置にいるのに全然掘り下げられないので
メインだからこそ後半に回されてると思っておくことにします。
>>律子「さん」って呼ぶようになったり
>あれ?確か普段からそう呼んでいたはず・・・(説教されるので渋々”さん”付けしてる)と思ったんですが、
>いままで美希と律子の会話ってあんまりなかったような・・・
>(律子のことは嫌いではないにしてもちょっと苦手なのかもしれません。(厳しいお姉ちゃん的な)

調べてみるとABAYOさんのニュアンスが正しそうですね。
アニメだけを見ていると律子に取り入ろうとして、とってつけたようにさん付けしたように見えたからかな。
>>アイドルマスター 第12話
>>何かしらの選択を迫られた時に回りの理解が得られるような答えを出す
>>っていうのは未成年にはやっぱり難しいと思うんですよねぇ。
>まあ最初に「俺がどうこう出来る話じゃないし律子に直接相談してみろ」くらい言えば結果はどうあれ
>こんなややこしい話にはならなかったはずなので美希の言い分も分からんでもない。
>ただ「15歳は半分は子供。だが半分は大人だ」とも思いますし
>(「まだ大人に甘えたり、我侭をいうことが許される年頃かもしれない。
>でも大人になっていくためにも責任ある行動をとるようにし始めなければならない」
>って意味で考えてるんで元ネタとはニュアンスは違うんですが)
>Pだけに非があるわけじゃないのも確かですよね・・・

この辺は難しいというか繊細な問題ですよねぇ・・・。
社会的な立場と大人になろうとしてる年齢の二律背反と言いますか。
結局は互いの信頼関係に行き着くのでそういう意味で良い復縁の仕方だったと思います。
一歩間違えると覚醒しそうなぐらい好感度上がったような気も(笑)
>>アイドルマスター 第13話
>>まさに1クールの集大成に相応しい良い最終回だった。
>アイマスでもこういう感じのシリアスなら大歓迎ですね。

安直な言い方かもしれませんが“ドラマチック”なのが良かったですねぇ。
これが見られただけ積み重ねてきた甲斐があったってもんです。
>>唯一の不満点というか期待はずれだったのはOPが無かったからてっきりラストはREADY!!だと思ってたのに・・・。
>僕は「relations」まだー?でした。
>実質美希三部作だったし12話か13話のどっちかで使われるんじゃないかと期待してたんですが、
>終盤までとって置くつもりなんでしょうか?
>(ただこの曲、EDにしても挿入歌にしても和やかな話で使われるとは到底考えられないんですよね・・・)

あぁ、そういえばまだ使われてないですね!
個人的にもアイマスの中で一番好きな曲だから楽しみだなぁ。
和やかムードじゃないっていうのは同意。
単なるライブのワンシーンとして使われるならそれはそれで勿体ない気がするし・・・複雑ですね。
>>輪るピングドラム 第14話
>>そしてそんな展開を全て吹っ飛ばすゆりさんの百合っぷりに吹いた(笑)
>百合っつーかガチだったでゴワス・・・(;゚Д゚)
>ノンケでもかまわず喰っちまうのはまだしも薬やら荒縄まで用意してるのにはひくわ!

ゆりさんにとって究極的に性別なんてどうでもいいんでしょうね。
ただ、求めた桃果がたまたま女性だっただけで。
その情熱が妹を拉致拘束をするレベルだった、と。

>一 さん
>>ましろ色シンフォニー4話
>学園長の娘の瀬名愛理それを裏切るなんて出来ないわよって、
>各務台の生徒を待たせていた二日酔いの学園長を引っ張って連れてきた時点で学園長も愛理も裏切っているような…。
>それにしてもこの瀬名愛理、自分のイメージが凄すぎである(笑)。

自分に厳しいので微妙にナルシストっぽい所もまぁ許せるんですけど
新吾に対しての風当たりがもの凄く強かったりと
イメージはイメージでもかなりキツイイメージになってたような気がしないでもない。
>それにしても愛理の部屋広いな…家賃いくらだ(笑)。
>それより料理が得意な人間が4人も入れるキッチンは何気に凄いぞ。

ボロいというか古くさいのは見た目だけで中はしっかりしてそうですけどねー。
まぁ、元々はもっと良い家に住んでたんだろうし、感覚の違いはしょうがないか。
>愛理が皆と弁当を食べようとした時のクラスからの注目度が凄いな(笑)。
>キャベツ尽くしの弁当はインパクトがあるな…
>千切りとか炒めたりとか弁当箱の中身のバリエーションが豊富だな…というかキャベツは高くないのか。
>そして弁当のおかずを分けてもらった時の愛理の表情が喜びでいっぱいだったな…誰か米もあげたらいいのに(笑)。
>それにしても愛理は弁当の中身やバイトの事を大声でしゃべりすぎだろ…クラスの皆にはナイショだよの秘密状態なのにね。

大抵こういうのは原作発売年が舞台だったりするので、きっと震災が起きてない世界線なんでしょうね。
大声でバイトとか言ったり、キャベツ弁当の反応見たら周りにバレバレだろと思ってしまった(笑)
マジレスすると近く通りかかっただけでもバレそうなものなのに・・・。
>愛理は新吾の勉強を見ようと必死だったな…ついでに桜乃の勉強を見るとか言っていた時の愛理の表情とか良いな。
>他のキャラも表情が変わるけど愛理は特に表情が色々変わって面白いな。
>そして自分の家ではドテラとジャージ姿が似合いすぎるお嬢様でした。

どてらかわいいよどてら。
この段階では借りを返すことに必死という面の方がまだ強いのかな?
もしくはもう少し新吾のことを積極的に知ってみようという気持ちの表れか。
>みう先輩のメイドカフェのバイトの衣装が何の衣装か分からないよ…耳があるし(笑)。
>みう先輩が赤くなってフラグがたちそうな内容を話そうとしたら紗凪が本気を出してフラグを立てるのを邪魔しに飛んで来るとは…
>紗凪はみう先輩一筋だから仕方ないけど、どこから出てきたんだ(笑)。

ロリな先輩があんな格好とかいかがわしいようにしかみえないよ・・・。
みう先輩と新吾の距離感も好きだなぁ。
みう先輩が自然に近寄ってきてくれるのを磁石のように吸い寄せられる新吾みたいな。
紗凪は本性は知ってたけど、なにもこのタイミングじゃなくても・・・いや、良い雰囲気だったからこそか。
>「俺達が君の誕生日を祝いたいんだ…それでも駄目かな」って愛理を泣かして笑顔にしたり、
>「お礼を言い忘れていたんだテスト勉強見てくれて有難う〜改めて二人で打ち上げしない」とか
>傍から見たらイケメンでマメな新吾は凄いな…あっという間に狼の牙を抜いてしまうとは(笑)。
>愛理さんは秘密がバレてから新吾としゃべるたびに赤面しているからニヤニヤしてしまう…
>名字を呼び捨ての段階でこの破壊力だもんな。

意識せざるを得ないようなイベントをこなしてきたからしょうがないけど
愛理は新吾を意識しすぎなんですよね・・・いいぞもっとやってくれ。
周りが微妙に見えてない所にデレデレの片鱗を感じました。
>ぱんにゃの出番が少ないとみう先輩の事をぱんにゃの椅子って言われないからいいな(笑)。
>体験版だけでなく共通ルートをあっという間に終わらせて愛理ルートにまで入るとは予想よりテンポが速かった。
>こうなると後はヒロイン一人に付き2話で終わらせるのかな。

そういえば出番なかったなぁはるるん。
EDが途中までずっとぱんにゃのターンだし本編でも喋ってないだけなので
存在感の強さは相変わらずですが。
ちょっと前のエロゲアニメのテンプレチックに個別ルートを軽く触ってメインの愛理みたいな感じでしょうかね。
>>Fate/Zero4
>ライダーさん格好いい、セイバーがランサーに負けそうだから登場して名乗りを上げるとは…
>登場した理由をセイバーが知ったら怒るだろうな(笑)。

セイバーさんの強がりっぷりは異常。
まぁ、慢心せずして何が王か!という名台詞もあることだし王の性質みたいなものか。
>セイバーの宝具が約束された勝利の剣という破壊力が凄い武器だから対人戦メインの聖杯戦争では切嗣も扱いづらいよな。
下手すれば街吹っ飛ぶし燃費悪いし宝具バレバレですからねぇ。
ただでさえ切嗣とセイバーの相性がいまいちというのに・・・。
このちぐはぐな感じがセイバーの能力値に枷をかけて良いバランスになってるのかなと思いました。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5136-85e91d29

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99