説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/10/28の日記



鬼物語」読了。

あれ、下書き見ると囮物語の感想書いてないんだっけ。
まー、アレは完全に前巻かつデリケートな内容だし
読んですぐにはバレ的に感想書きにくかったのかな、と思いつつ。

囮についてはさておくとして鬼物語です。
傾物語が実質忍当番だったこともあって忍当番である鬼はその逆になるのでは?
と当初から予想してましたがその予想は半分ぐらいは当たったかな。
忍が一人目の眷属についての過去話を語るシーンはそこそこ長いけど
彼女があまり過去に捕らわれてないように、回想自体はあっさりしたものだった。
本当のメインである“くらやみ”に関して得られた情報も少なかったしね。

そして物語は意外な方向に・・・真宵・・・。
こうバッサリな所はやっぱり西尾なんだなーと思います。
ご都合主義と反ご都合主義の混在と言いますか。
これも一種のメタフィクションによる当然の結果とでも言いますか。
読了後の虚無感が凄かったけど、最後のシーンは良かった。
もっと噛んでくれよぅ・・・。
作中でも言われてるとおり、ここまでアニメ化することないと思うけど
もしアニメ化したら号泣しそうです・・・。

日常パートでは久しぶりに語り部に暦が復活!
いやー、やっぱり暦が物語を語ると安心できるね。
真宵とのちゃんとした掛け合いも作中通り偽下以来なので
色々と懐かしさを感じる場面も多かったです。
ファーストシーズンの面白かった部分が再現されてたんじゃないかな。
メタ要素が多いのは相変わらずですが、今回は傷映画化ネタ。
傾絶対に読むなよ!絶対だからな!も良かったけど(笑)

さて、かなり長い間楽しめた化物語シリーズも次で最終巻。
時系列的には囮の続きなんだろうけど・・・色々伏線残ってるのはどうなるのかなー。
時系列があっちこっち飛ぶせいで細かい部分忘れてそうなんですよねぇ。
今回も、アレ?これまでの巻で判明してたっけ?と思うようなこともあったし。
セカンドシーズン一気読みとかするとまた違った感想を抱きそうだ。
今のところ再読する予定はありませんが・・・ラノベ2冊分ぐらい*5冊だしなぁ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5137-e6f83f2b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99