説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/11/16の日記



ココロコネクト ニセランダム」(5巻)読了。

背表紙のコードで1-5の5巻扱いなのでそう表記しましたが
実質、前回の短編「クリップタイム」の続きになってるので
ソレをすっ飛ばして読むのは厳しいですね。
というか、クリップタイムの感想書いてないことに今更気付いたけどまぁいいや。
ラノベは面白くても気が向いた時に感想書こうというスタンスで。
読書=感想書くだと手軽さがなくなるしね!

今回は前回の短編から文研部に加入した新入生2人メイン。
いつも通り文研部への試練なのはかわらないけど
とりわけ新入生2人にはさながら入部試験のような話になりました。
“ふうせんかずら”もこの2人を実験対象として認めるか否か。
そういう意味での仕掛けだったように思えました。

というわけで自然と宇和千尋と円城寺紫乃の2つの視点がメインになります。
“現象”に関してはタイトルと序盤であっさり読めたけど
今回に関しては本質はソレではなかったしアプローチも違った。
ラストを読めばわかるように、文研部に取っては大きな楔になったのは事実ですが。

千尋と紫乃ですが、短編での出番だけでは5人と絡めるか不安なキャラだったけど
今回の一件で5人に絡めるキャラとしてきっちり昇華しましたね。
紫乃は元々声フェチという良いキャラしてたけど
千尋も告白のノリをある程度引きずってくれれば良いキャラになりそう。
前半の千尋へのイライラっぷりが最後には解消されて良かったです。
メインキャラ同士ドロドロしつつも最終的には結束が固まるのがこのシリーズのウリなので。
読者的にも千尋を赦せないとソレはもうなんだか違う作品に思えるだろうしね。
紫乃も紫乃で中盤までのgdgdっぷりはイライラと言わないまでももどかしかった。
ちゃんと成長したかどうかは次巻での絡みからが本番ですかね。

“現象”の次のステージなのか終わりが見えてるのかっていうのは不安だなぁ。
帯でアニメ化発表されたりとこれからも楽しみにしたいシリーズなんですが。
まぁ、ココロコの感想の時に何回か書いた気もするけど
“現象”で多角関係ドロドロさせるっていうパターンは継続させるのは難しい。
1年次に太一がいなばんとくっつくという結末でいったん区切り付いてるしねぇ。
今後どういう風に話を持って行くのか1つのターニングポイントな気がします。

今回はカラー挿絵が全体的に好き。
表紙でハブられたいなばんと青木がページを開いた瞬間泣いてるのはワロタ。
新人2人のお絵かきもキャラが現れてて良いし
本編の内容に触れるカラー挿絵は中身気になるわっ!!という内容だし。
そして太一の妹の可愛さは異常。まったく小学生は(ry
彼氏とか太一じゃなくても泣くわ!
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5198-e9f4ad27

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99