説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ましろ色シンフォニー 第07話

★ましろ色シンフォニー 第07話 「たそがれ色のブランコ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

原作のブランコイベント回避?
みう先輩当番回イヤッホウ!と思ってたら
紗凪も同時攻略・・・だと・・・?
というより、実質紗凪の当番回に近かったと思う。
みう先輩をはじめとして周りからの生暖かいゴリ押しもあったし
何より、この話で最も距離が縮まったのは新吾と紗凪だと思うしね。

呼び方が変わるイベントはホントニヤニヤ出来ていいなぁ。
今回は天羽先輩→みう先輩と乾さん→紗凪と2回も楽しませてもらった。
みう先輩はナチュラルに行ったからそれほどでもなかったけど
紗凪の紆余曲折あっての呼び名変更は・・・なんというかもうニヤニヤすぎる。
さすが原作の人気投票2回目の王者なだけはあるぜぇ・・・。
前回も着々と紗凪フラグ立てていた新吾ですが
今回は前回よりも自然にあからさまに(笑)好感度上げに来てるな。
ハンカチを差し出す動作が自然すぎる・・・さすがイケメン。
おそらくヒロイン全員から気配り上手と思われてるのって何気に凄いよね。

紗凪に関してはココアとかべぇー!とか2人きりのトークとか色々あったけど
みう先輩も出番が少ないながら相変わらず天使でした。
私服のコートは年上っぽさが出てて可愛かったなぁ。
間接キスのくだりとかこれもう絶対誘ってるよね。
極めつけは座ってて立つ→再び座った時に自然に新吾の隣に座る
→そのまま肩を借りて寝落ちとか勘違いするなってのが無理があるよね。
みう先輩マジ小悪魔天使。

そんなこんなでみう先輩と紗凪ばかり目立った今回。
正妻戦争から脱落したアンジェは遂にモブレベルまでに・・・。
桜乃はずっと空気だけど妹ポジは安定だよね。
服を選ぶ新吾に対しての発言は嫉妬なのかな?
最初はリードしてた愛理さんも最近空気でカワイソス。
というか台詞がどんどん少なくなりじっと新吾を見るシーンが増えたせいか
嫉妬というか病みレベルが垣間見られるようで恐ろしいのですが・・・。
夕焼けの赤がなんだか不吉な色に見えてならないな!
“誰と誰がお似合い”みたいなことを言い合うこのヒロイン達に限って
そんなにアレな修羅場はさすがに無いと思うけど・・・。

次回はまだまだぬこ部絡み=みう先輩と紗凪のターンは続きそうかな?
予告映像の荒ぶるぱんにゃが気になるところ。みう先輩の手?
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5199-cb701348

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99