説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

Kanon 第12話

★Kanon 第12話 「異形の円舞曲 〜waltz〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

久瀬の声を聞いた瞬間ユウナ(種運命)!?
と思ったらやっぱりそうだった。声変わってるのか。
ウザキャラというか立ち位置が似てて個人的に凄いツボいキャストで
喋ってるだけでユウナが思い浮かんで笑いそうになったんですけど。

それはさておき本編は着々と舞ルート進行。
合間にある程度伏線入れておいて後半の個別ルートを短縮するのかな。
発表されてるサブタイトル見る限り舞ルートはしばらく続きそうで
その後は栞と香里の話になりそうだし。
「はちみつくまさん」などを実行したり突っ込みいれたり照れまくったり
祐一を頼りまくる舞がかなり可愛く描かれてて
その端麗な容姿と頼りなさとのギャップが魅力的だなぁ・・・。
とりあえず君たちダンス巧すぎ。
京アニクオリティのなめらかな動きも伴って学生ってレベルじゃねーぞ!

そんな和やか空気が魔物の登場で一気に戦慄に・・・。
大切な親友であるさゆりんを傷つけられて許せなかったんだろうな。
予告で魔物が狙ってるのは私じゃない、と言っていたけど
舞ルートの後半はほぼ記憶にあらず(ちび舞の姿ぐらいしか)
純粋にストーリー進行→あぁーそういえば!という楽しみ方が出来そうだ(笑)
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/521-70465c81

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99