説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

輪るピングドラム 第19話

★輪るピングドラム 第19話 「私の運命の人」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

アバンから高倉家両親と冠葉のやりとりで驚愕。
生きてるし連絡取ってるのは想像付いたとはいえ
こうあっさりと直接会って連絡を取ってるくせに
前回はあそこまでシラを切り通した冠葉が恐ろしいな。
こちらから連絡する方法や今の居場所がわからないのは事実だけど
何らかの繋がりあるんだから、陽毬のために多少は情報漏らしそうなものだけど。
よっぽど陽毬に両親のこと、自分のしてることを知られたくないのかなぁ。

中盤は陽毬退院祝い等もあり久しぶりの和やかムードだったものの
後半の真砂子登場から状況は一転。
子供ブロイラーはやはり陽毬と関係あったのか・・・。
血の繋がった妹じゃなかったこともショックだけど
陽毬の運命の人が晶馬だったことも衝撃の引きでした。
後から思えば露骨な冠葉推しだったり、手編みセーターの時の陽毬が
冠葉を前にしてそういうそぶりを全く見せなかったこと。
怪しい状況はいくらでもあったんですけどね。
陽毬が今まで忘れてた理由は次回かな?晶馬は覚えてるのか?
差し出したのが林檎というのも重要そうだ。

眞悧の目的は真砂子の両親がしようとしていたこと。
これが事実かつ眞悧の独白のことだとすると
真砂子両親も“運命”について追っていたのだろうか?
日記があると“ゲーム”に勝てないと言うのも引っかかる。
眞悧と対になる存在はOPを見るとプリクリに見えますが・・・。
ピングドラムを手に入れることがゲームなら眞悧の行動は謎だし
新たな謎が増えてどんどん視聴者を混乱させに来ますねぇ。

そういえば、牛になるネタはやっぱりウテナの七実様回のオマージュだろうか。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5229-6154a009

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99