説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ましろ色シンフォニー 第10話

★ましろ色シンフォニー 第10話 「なみだ色の雨やどり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介


遂に・・・




正 妻 戦 争 終 戦!


普段滅多に使わないフォント装飾+行間空けを使うぐらい興奮しました。
















・・・というわけで、みう先輩大勝利イヤッッホォォォオオォオウ!

どう見ても、ここ最近はみう先輩中心に描かれていたし
新吾は最初から一貫してみう先輩を恋愛対象として意識していたしね。
会話で素直に照れたり、一挙一動にドキドキしていた率が高かったと思う。
愛理やアンジェ、桜乃の入浴イベントなんかは確かにインパクトは強いけど
テンパりはするけど好感度上がるイベントと言われれば微妙だしね。
今にしてみればOPやEDのみう先輩のポジションがトリばかりなんだよな。
自分はニコ動配信なので詳しくは知りませんが提供絵もみう先輩率高かったようで。
7話ぐらいから希望を抱き、9話で勝利を確信したものの
やっぱり本編で確定するまではもの凄く不安だったのが本音です。
だって話数あるんだよ!なんかどんでん返しあると思うじゃん!
あかね色やtrue tearsやキミキスというアニメがあってだな(ry
決まった!と思った時についガッツポーズしてしまいました(笑)

しかも、やや唐突だったものの、新吾からの告白というのが嬉しい!
やっぱりここまで来たら新吾から選択して欲しかったですからね。
その前に紗凪が告白→新吾が振るというイベントが欲しかった気もするけど
どうやら割と原作のみう先輩√を忠実になぞってるらしいのでしゃあないか。
原作プレイ済みからすればちょっと前から想定内の結末だったんだろうな。

ここ何話か連続で精神攻撃食らってた紗凪ですがここに来てトドメ。
誰が悪いというわけではないんだよなぁ。
新吾がやや空気読めてない部分があるのは先輩に夢中だからなんだろうし。
何より、紗凪は何度もチャンスがあったのに勝負の舞台にすら上がろうとしなかった。
誰が悪いかと言われれば、強いて言えば紗凪自身だよね・・・。
愛理風に言うと恋敵がみう先輩だったからその辺の迷いもあったんだろうけどさ。
紗凪が新吾の良さを知った時には既に、新吾はみう先輩に好意を抱いていたわけで。
本当に勝負をしたければ少しでも素直になるべきやったんや・・・。
新吾自身が言動を額面通りに受け取ってしまう相性も悪かったんだろうな。
みう先輩が一番好きだけど、紗凪も好きだったので喜びの後一歩置いて複雑な気持ちにも。
あぁ、確かにコレは先輩√から紗凪の人気が出るのは頷けるなぁと思いました。

最後の紗凪と愛理の涙のシーンは切ないながらも綺麗でしたね。
愛理の心境は複雑だろうけど、やはり淡い恋心→同情で応援と来て
新吾が誰が好きなのか確定しまった時点で自分もやっぱり好きだったと気付いたとかかなぁ。
愛理の言葉は紗凪だけに向けられてるものとは思えないしね。
紗凪よりデレ分多かった愛理だけど、これでもまだ足りなかったか。
ホント新吾とツンデレの相性悪いなぁとこのコンビを見て思います。
端っから応援と割り切った愛理と割り切れず悩んでた紗凪。
一緒に居る時間が長かったのは紗凪だけど果たしてどっちが良かったのか。
愛理が不憫なのはお風呂イベントやら序盤のデレからメインルートっぽく見えたことだよね。
アンジェやキャラ的に√外れても問題なし。
桜乃は出番こそ少ないけど空気の読める良い妹という一貫性はあったのに。


はてさて、いつもより幾分感情的になってしまいましたが
次回のサブタイが「ましろ色シンフォニー」・・・だと・・・?
最終話サブタイがアニメタイトルなアニメは(ry
というか次11話なんですが最後はまさか番外編とか?
まぁ、タイトル=最終話手前のサブタイというパターンも多々あるけどね。
個人的にはやっとこさここまで来たので、
思う存分みう先輩とイチャイチャしてる場面が見たいです。
残り2話はそれだけでもいいのよ?・・・あ、統合問題があるか。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5268-e12b1251

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99