説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

輪るピングドラム 第21話

★輪るピングドラム 第21話 「僕たちが選ぶ運命のドア」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なんだかうみねこみたいになってきたぁー!
幻想アリならもう何を信じていいかわからないよ・・・。
そもそも見えないペンギンなんている時点でアレなのかもしれないけど。
というわけで、今回の衝撃はやはり高倉家両親が死んでいたこと。
コレは冠葉の脳内お花畑ということでいいのかな・・・。
完全に組織の残党に利用されてるだけという線も出てきたな。
これなら真砂子がああまで危機感を持って敵対する理由もわかるしね。

眞悧の幽霊はネタなのかガチなのか判断に困るところだけど
黒幕というか裏で色々やってるのは間違いないだろうな。
ここにきてマスコミが動き出したり多蕗が真実突き止めたりとか
眞悧の介入があったからとしか思えないよ・・・。
家族ごっこ終了も眞悧の「陽毬はもう長くない」発言による所は大きいだろうし。
眞悧も幻想なら陽毬のアンプルも幻想だろうし
幽霊だとしても実際に介入できるのかもしれないし・・・。
なんだか有耶無耶のまま終わる気がしないでも深く考えたら負けなのか?

ともあれ冠葉が実質人殺しをしてしまったし
陽毬の告白っぽいのを晶馬は遮ってしまった。
陽毬の気持ちは冠葉には向いてなくただ止めたいと思ってる。
誰1人幸せになれそうになくなってきたなぁ。
今回、割と空気だった苹果がまだキーパーソンになるのかな。
苹果と言えば、陽毬があっさり晶馬から身を引いたのは苹果のためでもあるんだろうね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5275-20d83f94

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99