説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

C3 -シーキューブ- 第11話

★C3 -シーキューブ- 第11話 「狂信者は何処かにいる」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

まぁ、黒絵が犯人のわけないよね・・・。
フィアもそれはわかりつつも責めざるを得なかったという感じか。
春亮はフィアを良くも悪くも子供と称してたけど
自我が形成されてからの時間が心を形成していくのかな。
姿形は黒絵を見る限り成長することはなさそうですが。
フィアは今のままが世界一かわいいよっ!
そして黒絵は提供絵がじわじわ来るな・・・。

本編はなんだか進んだようで進んでないような。
春亮が人質になったりは重要だけど直接対決は次回。
なんだか錐霞のおしりがたいへんえろすだったことしか記憶にないんだぜ。
黒絵のおしりは色気が足りなくて大変残念なのです。

ヒロイン3人が団結するところはまさに最終回手前という感じで燃えますね!
そう、もう終わりなんだよなぁ・・・。
なんだか最終回というより話の区切りが付いたねって終わりになりそう。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5277-9d9c430f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99