説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

機動戦士ガンダムAGE 第10話

★機動戦士ガンダムAGE 第10話 「激戦の日」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

それなり総力戦でほぼ戦闘シーンオンリーだったので
ここ最近の中では一番面白かったかな。
相変わらず動きがあんまりなかったり
通用しない武器多すぎて一部の機体頼りという状況は微妙だけども。
それを作戦である程度カバーしてるのは考えてるなとは思った。
それでも実質ガンダムとGエグザスだけしかUEを簡単に倒せないので
作戦として破綻してるんじゃね?と思わなくもないけど。
出撃したものの空気だったラーガンさんに泣いた。
そりゃ武器効かないもんなぁ・・・生きてるだけ良かった良かった。

ボヤージさん特攻は雰囲気に流されて感動しそうになったけど
よくよく考えるとそこまで掘り下げられてたわけじゃないよねぇ!
ファーデン編がそこそこ長かったからまだマシだけどさ。
人死なないのはぬるいとはいえ、あっさり無駄に死に行くのも微妙。
今回に関しては戦艦にダメージなかったけど
ザラムとエウバの礎になったのは良かったんじゃないかな・・・。
トップはともかく、下っ端が簡単に納得すると思えないので
ボヤージさんの死で正式に両陣営が協力してくれるのはあっさりには見えた。

おまちかねのスパロー登場ですが今度はそこそこ盛り上がったな!
速度じゃなくて武装も今までで最強ってタイタスいらなくね?
しかも近接系というポジションも被ってるし・・・。
まぁ、学習に間違いもあるよね!という良い例でした。
きっとタイタスは水適応Aとかあるに違いない。
じゃないと・・・うっうっ。

そして次回はこちらもお待ちかねのユリン再登場!
再会シーンがもはや完全にヒロイン。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5282-20374c2b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99