説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ましろ色シンフォニー 第12話

★(終)ましろ色シンフォニー 第12話 「はじまり色の季節」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

開始早々に部室で発情する2人を見ていきなりニヤニヤ。
みう先輩の「年上なのに〜」というくだり好きだなぁ。
そして貴女絶対我慢する気もさせる気もないですよねぇ!w
そんなあざと・・・じゃなくて新吾に依存してるみう先輩可愛い。
「みう先輩を泣かせたらただじゃおかない」という紗凪の言葉に対して
みう先輩のヒロイン達の前で抱きしめるという行動を取った新吾マジイケメン。
みう先輩の反応も可愛すぎて初っぱなからほっこりさせてもらいました。

今回のメインは予想通りぱんにゃと統合問題について。
結論から言うと、この2つの問題を一気に解決したせいで
みう先輩とのイチャイチャ分が物足りなかったのは否定できない。
一応、ぱんにゃ絡みの話はみう先輩ルートらしいから仕方ないけどね。
ぱんにゃと同種の生物が同じ画面で動き回るのは圧巻だな・・・。
ジャンプ力とか動きとか気になってしょうがなかったぞ(笑)
だが「さよなら君の声」で感動していたのに
俺を笑わせたぱんにゃタワーは絶対に許さない、絶対にだ。

ぱんにゃとのお別れ絡みでみう先輩の心情描写があって良かったけど
最後まで恋愛絡みの心情描写は少なかったのが残念。
結子さんのお母さんらしい一面が最後に見られたのも良かったけど
いつもの小悪魔的言動がないのはちょっと物足りない(笑)
もう1話まるまる天羽家にお呼ばれとかすればいいんじゃないかな・・・。
挿入歌効果+力丸乃りこさんの演技でお別れシーンは泣きそうになったけど
もう少しぱんにゃが本筋に絡んでたりみう先輩の心情描写が細かければ
もっと感情移入出来たのかなーと考えると勿体ない。

統合関係では久しぶりに友人Aこと愛理さんがヒロインらしい活躍。
すっかり紗凪とのブランコでの負け犬同盟《ツードックス》が板に付いてたけど
それらでの成長が統合肯定と今回の行動に繋がってるのは実感出来たな。
立場的に素直になりづらかった蘭華さんに謝れたのは成長の証ですね。
ここでの笑顔は最近見られなかった最高の笑顔でした。
最後の最後でヒロインらしい出番があって良かったね・・・。
なんだかんだで空気が良い意味でネタになってる部分もあるし
真に空気である桜乃よりも恵まれていたんじゃないだろうか。
アンジェはサブキャラに真っ先に就くというある意味美味しい選択だった。
負け犬とかこんなこと言ってますが、俺はヒロイン全員好きですよ!

時は流れて卒業シーズン(?)。
桜乃の結女制服はびっくりするぐらい似合わないですね!
まさかのPSP版新ヒロインの結月が絡んで喋るというサプライズがあったけど
どう見てもPSP版販促です。本当にありがとうございました。
みう先輩は卒業のはずだけどあまりソレっぽい演出は無かったな。
とりあえずお二人は末永く爆発してください。
謎ポエムで終了するアニメは名作!

Cパートのみう先輩は一瞬裸かと・・・。
不自然に下半身が映ってないのと新芽という暗喩。
暗喩多かったこの作品なら新たな命=妊娠みたいなのを勘ぐってしまう(笑)
ぱんにゃとの再会を仄めかして綺麗な終わりでした。
エンドカードはつばすさん集合絵だと思いきやみう先輩で嬉しかった。


はぁ・・・それにしても遂に終わってしまいました。
最終話はちょっとあっさりした部分があったので尚更虚脱感に。
みう先輩ニヤニヤ頂点的には9-11話あたりが山場だったかな。
みう先輩√じゃなくても終盤まで√が分かりづらいこの構成は評価したと思う。
それがみう先輩√だったおかげで楽しさ数倍になったのは事実だけどね!
今後もこういった直球ではあるんだけどオチが見えない構成が増えると嬉しいな。
今年はエロゲ原作アニメも多かったけど、凡作多かった中で輝いてた作品でした。
PSP版プレイしようか真剣に悩むぐらいには楽しかった3ヶ月だったなー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5314-e6827b9b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99