説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/12/23の反応

反応

>通りすがりのアネスキー さん
>お初にお目にかかります
>こんばんは、すのーむーすさん
>今更になりますがましろ色シンフォニー第11話の感想をば

おはつです、コメントありがとうございますー!
ふらっとコメントもらえるととても嬉しいです。
>原作未プレイな私はアニメからですがみう先輩で良かったと思えました。
>何故なら私はアネスキーだからです。みう先輩は姉じゃありませんがそんな事はいいのです。
>でもこんな感じのお姉ちゃんが欲しいって思えました。
>感想としては少しずれているかもしれませんが…。

先輩とお姉ちゃんと年上では微妙に属性がズレてる部分はありますが
言いたいことはすごくわかる気がします。
みう先輩は雰囲気等感じるものが近く柔らかいので家族っぽさを感じるのはあるかも。
感想と言うなら、後半は何回「みう先輩可愛い」と書いたことだろうか(笑)
>気付かれている方もいると思いますがタイトルの「ましろ色シンフォニー」に
>みう先輩の中の人繋がりのキャラの名前があったりしますよね。
>みう先輩ルートだったりしたのはこの神さまのおかげかもしれませんねぇ(^○^)。
>やはり神様は偉大ですねー。
>制作は違う所だと思いますが(汗)。

タユタマでましろが勝者だった時点で御利益あったのかもしれませんね!
あまりアニメでスポットが当たる中の人じゃないけど好みなので良かった。
これを機にオリジナルアニメとかにもお呼ばれしないかなぁ。
>最終回どんな感じになるか分かりませんが原作通りの展開になるのでしょうか?
>最後まで楽しみです。長文失礼しました。

コメント頂いた時点ではちょうど自分もチェック前でした・・・。
概ね原作イベントは消化出来たみたいですねぇ。
綺麗なラストで良かったです。

>UFP さん
>>はがない
>次回分はすでに視聴済みですが、
>ラストはスパムに泣きじゃくる星奈で終わりましたがさすがにあれは酷いかなーと思いました。
>アニメなのになんか素で引きました…
>いや夜空が必死なのはわかりますけどね。

夜空が性格悪いというか叩かれるのは夜空スキーとしてもしょうがないと思える部分でもあります。
夜空の心情描写が描かれる「CONNECT」を読んでも夜空がダメな人はダメだろうしなぁ。
ビジュアルの露出度がメインだったりするのも出る杭は打たれる法則なんでしょうかねぇ・・・。

>一 さん
>>ましろ色シンフォニー12話
>何この部室…新吾とみう先輩は朝から手を握ったりそんな事しようとするとか共学はうらやましいな…
>私は男子校だったからこんなの夢物語だよ(笑)。

男子校なら最初から諦めつくし面倒な女子の目がなくて気楽そうな・・・。
とずっと共学だった自分は思わなく無いのですが・・・どっちにしろ夢物語でした!
>「ごめんね年上の私が我慢しないといけないのに」とか言われたら
>学校にいる間だけは我慢しっぱなしの新吾も我慢できなくなりますよ…
>そしてみう先輩は最後まであざと可愛いかったです(笑)。

ナチュラルにそういう発言が飛び出すみう先輩マジ小悪魔。
>他の部員は窓から見ていてアンジェのお約束のドジでリア充カップルに見つかったわけだけど、
>毎回部室に来るたび窓から中の様子を確認してから部室に入っているのかと思うと顔がにやけてくる(笑)。
>部室で二人きりになるとあんな事をするのなら桜乃も「中の暑さに入るに入れず」って言うよ。
>それにしても紗凪に「みう先輩を泣かせたらただじゃおかないからな」と脅され
>何故かみう先輩を抱きしめ皆に見せつける謎行動をするとか新吾は面白い行動をするようになったな(笑)。

ストーブ付けるぐらいだから窓は閉まっていただろうし、
窓開く音も気付かないぐらいラブラブだったということですね!
新吾は「みう先輩は自分のもの」みたいなものを誇示したいように見えて初々しい。
>ままにゃが居たって言った紗凪に対するリアクションが何言ってんだコイツという反応に見えてしまったよ…
>誰か空気を読んで気付いてあげてよ(笑)。
>あんな頭みたいなまるで妖怪みたいな動物が町の中を歩いていたら衝撃的過ぎて見間違えようがないよな(笑)。

みう先輩ですら最初気付いてなかったっぽいのが笑いました(笑)
ネーミングセンスェ・・・。
>「ぱにゃちゃんの匂いが付いているからもしかしたら」って
>ぱんにゃの飾りに付いた匂いに気づくとはままにゃ鼻が物凄くいいんだな。
>それでもぱんにゃの匂いを見つけるのに3年もかかったのか…
>ぱんにゃとはぐれてからままにゃはずっと探し続けていたと思うと何か泣けてくるけど
>「うりゅうう〜」と言う泣き声で可笑しくなってしまった。

最終話は三役だったはるるんにその辺色々聞いてみたい所です。
微妙に模様違うのは意外でした>他の一族
>暗い部室の中でみう先輩がぱんにゃと遊んでいたけど、
>執着するみう先輩が悲しみのあまりぱんにゃを抱きしめ潰すのか心配になったよ(笑)。

おもちゃを好きすぎて壊しちゃうみう先輩が垣間見られるのかと・・・。
>愛理がいきなり学園統合が危ないと言う話をしだすのは愛理ルートだけの内容だからか唐突な感じがしたな。
>変化が怖いから各務台との学園統合に反対だった愛理が署名をいきなり集めたり
>それを学園長の所に持っていってわだかまりが解けて母娘仲直りするとか
>みう先輩の姿がきっかけとは言えほとんど愛理が自分で解決してしまったな…
>学園長の前でも意地を張らずに素直に笑顔を出せるようになったしね…
>一人暮らしをやめて家に戻ると言っても問題がない程の良い雰囲気でしたね。

統合計画については後半でちらちら伏線があったのであまり違和感は無かったかな。
うまーく、紗凪と傷心から愛理自身の成長へと繋がってましたし。
>結子さんの見せ場の「この子たちとの思い出はずっと心に残っていく〜」と言う
>みう先輩に大きな影響を与える重要な出番がちゃんとあってよかった…
>これがなかったら娘の彼氏にちょっかい出すエロい人妻というイメージが強かったかもしれないなとか思ってしまった(笑)。

第一印象は凄い人だったけど、話数を重ねる毎に良い意味でもそう思うようになりました。
こっそり見守ったり正しい道に導いてあげたりとしっかりお母さんですよね。
>「ぱにゃちゃんお出かけだよ」から始まるぱんにゃとの真冬の別れのシーンがゲームと違って一連のシーンが全て明るかったな。
>『さよなら君の声』がかかって泣く準備は整っていたのに泣けなかったよ…ゲームだとかなり泣けたのにね。
>ぱんにゃと別れるシーン自体があっさりし過ぎていたり新吾とみう先輩だけでなく
>部員全員でぱんにゃを自然に帰しに来ていたりと変更点が多かったのもあるけど、
>一番の原因はぱんにゃがままにゃの所に走っていく姿をアニメで見てしまったせいかもしれない(笑)。
>そして団子三兄弟みたいなぱんにゃタワーを見たら可笑しくなってしまった。
>その後のパイルダーオンして鏡餅みたいに三匹合体したまま自然に帰って行くシーンは凄く…地球外生命体チックな動きでした(笑)。
>リア獣タワーはアニメだとここまで笑える姿だったのか。
>そういえば愛理はぱんにゃ苦手だったのに普通に触っても平気になるなんて成長したな。

リア獣吹いた。鏡餅自体は原作通りなんですねー。
アレはもう完全に笑いを取りに来てるとしか思えなかったよ!
謎生物が奇妙に動くと感動シーンが台無しという教訓が出来て良かったな・・・。
ヒロイン集合はアニメのラストということを考えたらしょうがないと思うけど
感想でも書いたように、みう先輩だけだと心情描写不足気味だったので他の部員が居たのは良かったかも。
愛理はぬこ部の活動で耐性が出来たのか、お別れだから我慢してたのか(笑)
>いつの間にか桜が咲く季節になって結月@田口宏子が登場するとは思わなかった…
>この新キャラのキャストを見て逆移植を夢見るのは仕方ないよね。

ですよねー!>キャスト見て
シュトラッセはFD出たのにとは思うけど時間経ってる+移植済みってことで無理なのかなぁ。
どちらかと言えば、出たばかりの新作をプッシュしたい所だろうし。
>何気に狸の保護とか難易度が高いような…あれ紗凪が新部長だと…ゲームでは新吾が新部長だった筈なのに、
>もしかしてリア充新吾はぬこ部に立ち入り禁止にでもなったのか(笑)。

あれ?新吾じゃないの!?とは思いました・・・。
というかなんか作業中っぽいのにイチャイチャしてるバカップル2人って・・・。
卒業だから周りが気を利かせてくれたんでしょうけど。
>みう先輩のぬこ部の活動終了宣言からの部活動存続の話はして欲しかったな…
>個人的に意思を受継ぐ系の話が好きなので。
>みう先輩のバイト代は全部ぬこ部の活動費用だった等の細かい事情はアニメでしたっけ。

尺の都合でカットされた感じですねぇ>存続
活動費用云々は正直あまり記憶にはないのですが
正式な部活じゃ無い=部費が出ないという時点で視聴者には伝わってるんじゃないかな?
>後一話分の時間が確保できれば話は変わったのかな…
>ぶっちゃけアンジェと愛理はルートなしで来週さんで終え桜乃状態にし、
>みう先輩ルートだけでも良い話で感動し泣けたから問題なかった様な気もする(笑)。

こんなことを言えばえらい怒られそうですが、5-6話あたりが無ければ尺も余裕だったし
愛理が悲しみを背負うことをそこまでなかったような気がします(笑)
終戦をラスト近くまで引っ張ったのは構成として良かったんですけどねー。
13話のアニメも多いんだから13話やってほしかったですね・・・BDに特別編とかでしょうか。
>大雑把なゲームでのみう先輩ルートはぬこぶに入部、正妻戦争、
>みう先輩と付き合って先輩の家に行く度に結子さんにちょっかい出されたりしても
>ずっとみう先輩とのイチャイチャタイムからクリスマス、ままにゃ登場でイチャイチャタイム終了で一区切りだもんな。
>そしてぱんにゃを二人で自然に悲しみながらも帰し新吾の胸で涙しぱんにゃへの思いを語る、
>みう先輩がぱにゃちゃんに名前をつけなければこんなに悲しまなくて良かったと
>弱いみう先輩の心情描写をここでたっぷり表現して毎日落ち込んでいるのを新吾が支え結子さんの話とかで先輩復活、
>ぬこ部終了宣言からの紗凪と新吾の頑張りで部活存続、みう先輩の卒業式の日にぱんにゃ視点でみう先輩に会いに来る、
>大体こういう流れで順番をいじったり変更をしたせいかアニメでは泣けるシーンが泣けなかったのが残念でした。

原作の流れを知ってると、プレイ済みの方はじっくり描いて欲しかったと思うのは致し方ないですね。
特に今作は付き合ってからのイチャラブが本番のようなイメージがありますし。
この辺は終戦を引っ張った煽りをモロに食らってしまった感じですね。
本当に13話あればと未プレイの自分でも思います・・・。
感想でも書きましたが、全体的にみう先輩の心情描写不足してるのはなぁ。
先輩に限らず、紗凪フルボッコとかも客観的にうわべの感情しか見えていないので
作品かアニメの方向性としては一貫していたとは思うんですけどねぇ。
新吾や紗凪のはそれでも十分伝わって来たけど、√ヒロインなんだからもう少し・・・ねぇ。
>残念な所はあったけど、今年のエロゲをアニメ化した中では
>一番出来が良く面白かったのでどうしてももっともっとと注文が多くなってしまうな(笑)。

確かにそういう部分を加味しても、エロゲアニメと言わず今期トップクラスに楽しめた作品でした。
こういうエロゲアニメが1クールに1つぐらい欲しいなーと思う人間としては本当に良かった。
去年はヨスガのインパクトでしばらくエロゲアニメが不作になりそうな予感はしたけど
こちらはストレートにエロゲアニメ作って展開で魅せてくれたのが面白かったな。
来年もまた良いエロゲアニメに巡り会えますように。
>そして最近のエロゲアニメ化よりラノベのアニメ化のほうが
>露骨なエロ分が多いものが多いというのはどうにかならないものか(笑)。

それはその・・・18禁じゃないからこそのギリギリのエロスみたいな感じじゃないのかなと。
エロゲは所謂エロい部分は大抵シーン回想的な部分だけだったりで
そこをカットしてしまえば純愛ラブストーリーに見える作品も多いしね。
>ましろ色シンフォニーの正妻戦争でこれだけ盛り上がるのなら、
>ゲームを買ってもいないシリーズノータッチの修羅場ばかりのホワイトアルバム2がアニメ化したら
>凄く盛り上がりそうだとか思ってしまった(笑)。

有名タイトル+1がアニメ化してるので再来年あたりとかありそうな気がしないでもないです。
>>Fate/Zero12
>あの魔方陣はセイバーが自分で書いたのか…
>自分で書いた魔方陣で自分が次の聖杯戦争にもまた召喚されるとは思わなかっただろうな(笑)。
>それにアヴァロンを体内にもっていたシロウがマスターだと
>他の英霊が出てくる余地がないしね、約束された召喚だったのか。

言ってしまえば、Zeroをそういう風に虚淵が描いたということなんですが
なんというかまぁ、巧く繋げてきましたよね・・・さすがです。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5317-c72bfb8c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99