説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

境界線上のホライゾン 第13話

★(終)境界線上のホライゾン 第13話 「境界線上の整列者達」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前半の歌のゴリ押しはこのカタルシスのためだったのか。
ぶっちゃけ、歌の必然性はよくわからなかったけどな!
感情を発動させるところは良かったけど
やっと手に入れた感情が悲しみの部分というのも切ないな。
作中の通り、泣くことが出来ないトーリとは良い組み合わせなのかもしれないけど。
ホライゾンは大罪武装を使用するという見せ場もあったし良かった。

後半はエピローグムードで新キャラ続々登場。
売上良いし2期が決定してるから仄めかす部分はまだいい。
しかし、スペインが攻めてきていきなり野球始めた時は( ゚Д゚)ポカーンとなったぜ・・・。
野球回があるアニメは(ry の歴史にまた一つ名が刻まれてしまった。
そして決着付かないまま引きとかFate/Zeroと同じじゃないですかやだー!
Aパートで決着付いたから綺麗に終わると思ったのに・・・。
しかもこっちは半年後か。話忘れてなければいいけど。

完走出来たし序盤のなんじゃこりゃ感よりは後半楽しめたアニメだったけど
やっぱり原作で読んだ方がわかりやすいし面白そうという感想は変わらなかったなぁ。
アニメーションすげーというのも大事だけど、理解のしやすさも大事だと思うんですよ。
その辺のバランスはFate/Zeroが凄く良かったんだけどね。
作品自体はそこそこ気に入ってるので、もしかしたら2期前に原作読んでしまうかも。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5337-db05fe32

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99