説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

護くんに女神の祝福を! 第13話-第24話

★護くんに女神の祝福を! 第13話 「魔王あらわる!」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

これは良いありがちな悪子安キャラですね。
ビアトリスとのリンクを遮断?した様子とヨハンの容姿の端麗さで
テニプリの「ほうら 凍れ」を思い出して一人笑っていた俺です(マテ
ここにきてビアトリスが凄くクローズアップされてるんだけど
こうしてみるとやっぱりビアトリスって何やねん、って感じになるな。
ぱっと見は魔法のようなものに見える(ショーなんかは特に)けど
護がヨハンに妨害されたりと物質的な面も押し出されてる。
また、ビアトリスにより身体能力も上がるようだし。
魔法と仮定し、ビアトリスがその源の物質でそれ自体に他に様々な作用がある
という認識でOK?
絢子がヨハンに惹かれているのはビアトリスのせいなんだろうけど
ビアトリスの詳しい説明のないまま淡々と進むのはわかりづらいわ。

予告はこの人来たらこうなるだろうなーという予想通りだったけどふいた。
今回の雰囲気だと次回もヨハンUZEEEEな雰囲気になりそうだな・・・。


★護くんに女神の祝福を! 第14話 「絢子さんの恋人」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

子安UZEEEE
といきなり子安スキーの人を敵に回しそうな発言をしてみる。
いやでもコレは久しぶりの素敵な悪子安ですね(苦笑)
嫌味というか嫌らしさ(性的な意味も含む)が完璧だわ。
実験に失敗しても狼狽することなく護に対して喧嘩売ってドイツに。
今度会う時は護がヨハンを圧倒してるようなことがあれば爆笑ものですね?
護は今のところ実際どの程度の使い手なんだろうなぁ・・・。
絢子とユニゾン出来るのが凄いことなのかも作中だけじゃあわからないし。
まぁとりあえず絢子さんがヨハンに惹かれる理由がちゃんと明確になって良かった。

次回予告は毛、毛言い過ぎだ(笑)
そんなに無理して作るようなサブタイでもない気が!
サブタイで真っ先に思い浮かぶのは汐音ですが・・・。


★護くんに女神の祝福を! 第15話 「世界一えくせれんとな髪の毛」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

14話がノロの時にだるーんと見てて先週は休み。
そのせいかまともに見るのがかなり久しぶりな気がする。
予想通り汐音メインの話でktkrですよ!
汐音な能登さんはあんまり好きじゃなかったけど
今回のストレートのロングな汐音でお兄ちゃんが凶悪すぎるじゃないか・・・!
護くん見てて初めて汐音がかなり可愛いと思ってしまった(笑)
いやー、このロングはかなり反則的な可愛さと思うんだけども。

妙なテンションでボケ通したり
いつもよりはっちゃけて突っ切ったような回だったけど
生徒会長がロングスキー=絢子好き?
汐音はブラコン。
愛情とまでは行かないけど動揺するぐらい兄に依存してるんだな。
周藤兄妹の想いがにじみ出てて完璧に汐音と摩耶が主役。
汐音の占い=オチから絢子に話が飛び絢子にも波乱が待ち受けてそうな・・・?
政治家である祖父が来日、さーどうなる!

次回予告。
若本きたーーー!(笑)
祖父って若本なのか・・・いろんな意味で期待だわこりゃ。
最近若本さんこういうピンポイントな美味しい役どころ多いよ!


★護くんに女神の祝福を! 第16話 「参上、暴れ総理!?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アバンはいつも前回の回想なんだけど
今回は台詞と絵のかみ合わないっぷりが妙にウケた。
汐音の髪の毛とか全然関係ないからしょうがないんですけどね!
今回は絢子さんの祖父、鷹栖尚幸がサブタイの通り大暴れの回だし(笑)
前回の最後の予告も汐音の話吹っ飛ぶ威力だったし無理もない・・・。
鷹栖尚幸が若本さんの時点でなんだかこういうキャラなことを予想できてしまった。
でも最近の役では珍しくどちらかと言えば主人公よりなキャラですね。
ギアス然り妖奇士然りスパロボ然り・・・最近悪役が目立ってたし。
まぁ、悪役やってもギャグキャラやっても若本節の良さは変わらないから良し。

とりあえずせっかくのアニメオリジナルキャラ我孫子の出番。
やっと日の目を見たのに・・・盛大な踏み台になってカワイソス。
ウザキャラのウザさに拍車がかかってたしざまあみろですが。
そんなことよりエメレンツィアの護への気持ちの変化。
生徒会長の絢子への未練とかがじわじわ現れててニヤニヤ。
それでも生徒会長は見守る姿勢を貫いてるし問題はエメレンツィアか。
生徒会長は目の前でプロポーズまがいの告白場面を見せつけられて・・・(笑)
どちらかと言えば呆れてる方が強いから救いっちゃあ救いだろうけど。


★護くんに女神の祝福を! 第17話 「南の島の注意報」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

おぉうー、いきなり新キャラ増えた!
その新キャラで見た目ロリっ娘のマリィは生天目さんか。
台詞や雰囲気や流れから見た目と年齢にはかなりのギャップがありそうだけど。
既に護達はマリィにかき乱されつつあるけど彼女の目的は?
でも嵐で洞窟って絶好のコンディションですよね?(えー

エメレンツィアや会長の想いが気になるなぁ。
エメレンツィアは明らかに護を意識してるけどまだ好きという自覚なしなのね。
というかあんな密着状態なんだから護も少しぐらい照れてもいいのに(笑)
意識してるのはエメレンツィアだけでしかもその後に水着流され・・・。
どうせならドジっ娘全開の方が可愛げがあった気もする。
会長はエメレンツィアの想いを唯一理解してるのは
自分と同じような境遇をエメレンツィアに感じてるからかなぁ・・・。
今回会長がエメレンツィアにべったりだったのは
ただ心配なのかはたまた絢子さんを諦めてエメレンツィアを狙ってるのか(笑)


★護くんに女神の祝福を! 第18話 「嵐の中で」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あらしのーなかでかg(ry
5.1chにリマスターされたDVD-BOXも出ますしね!(違
まったく関係ない前フリで申し訳ない・・・サブタイ聞いてつい思わず。

メインはマリィこと「銀のマリア」の正体明かし。
マリィの手による妨害を仲間の絆と二人の愛で乗り越えて
やっと互いが過去に出会っていたことを認識し
二人の愛が更に深まる・・・という所だと思うんだけど
寧ろ伝わってきたのはエメレンツィアが如何に護を好きか、なんだけど(笑)
護のために必死なエメレンツィアは見ていて胸を打たれるモノが・・・。
でも、二人は絶賛ラブラブだしどう見ても報われないのが・・・(;´Д⊂
生徒会長はエメレンツィアが自覚したことに気付いたっぽいけど
エメレンツィアや生徒会長はこの後どう行動していくのかな。
そんな中、次回はバレンタインといきなりアレな話ですが!
クリスマスの時といい季節感が合うのは面白い配慮だ。

なんだかよくわからなかったんだけど
あのウザキャラの我孫子は銀のマリアの知り合いということでおk?
いきなりの重要キャラ昇格でびびった。
というかなんか伏線らしきものあったか?
どちらにせよ純粋なウザキャラが明らかな敵サイドだと萎えるな・・・。


★護くんに女神の祝福を! 第19話 「火花散る散るバレンタイン」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

イッペンシンデミル?by絢子
いかん、最高に吹き出した。
あまりにも不意打ちすぎるのと内容とのギャップの激しさがツボに入りまくった(笑)
ルパンタイトル風演出やら一部のカットで見たことある画風があったり
生徒会ぐるみのコントがあったりと久しぶりにストレートなギャグ回で笑った笑った。
護くんはやっぱりシリアスな話よりドタバタコメディーの方が似合うわ・・・。
汐音の先天性センス欠乏症はほぼ地球人類に1人=汐音だけかよ(笑)

しかし、これだけチョコもらうのがデフォみたいな護にピキp(ry
というか護くんスマイルに絢子も逸美もイチコロすぎ・・・。
そしてエメレンツィアついに言っちゃったー!しかも本人に!
自覚→本人に告白とかエメレンツィアの性格上
もうちょっと間がありそうだったんだけどなぁ。
まぁ、散々感情に悩んだり恋心に気付いて悩んだりはあったから問題はないか。

苦しすぎる予告しか回ってこない生徒会長カワイソス。


★護くんに女神の祝福を! 第20話 「ビアトリス消失!?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あの修羅場な状況からどう切り抜けるのかと思いきや・・・
互いに恋のライバルと認めることで誰の関係も崩れず
絢子や護も嫌な思いをせず解決出来て良かった。
エメレンツィアは本当は自分の気持ちを
真っ正面から叩きのめされたかったんだろうけど絢子が優しすぎた。
裏で気を遣ってあげる生徒会長はホントに良い奴だ。
護はもうちょっとモテモテというか
二人の女が自分のためにガチでバトルしてることを自覚するべきだと思う(笑)
ここに逸美が居たら何を想ったんだろうな・・・。

サブタイの通り本件はビアトリスの消失。
銀のマリアの秘密兵器がコレなのは予想できたけど
これを護に使ったとしてどう我孫子と絢子がラブラブになるのか・・・
って我孫子が普通に利用されてただけか。
銀のマリアは絢子が護を守ることも予測済みだったんだろうなぁ。
護に使ってもそれはそれで楽しめるからよし、なんだろうけど。
絢子がオラクルという台詞を言ったり
見直したらホラクルか。ビアトリス無効化にしてたアレか。
ビアトリスが消えたのはわかるけど絢子が気を失ったわけもわからなかったり・・・。
ビアトリスとは?ということが説明されてないのがここに来て痛い。

次回のサブタイ見たらなんだか別れ話に発展しそうな勢いなんだけど・・・
別れというかビアトリスと言えばドイツだろうし
ヨハンの元に行かなければ・・・という選択に迫られるのかな?


★護くんに女神の祝福を! 第21話 「遠くへ行っちゃ、やだ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

サブタイが適当(本来の意味で)じゃないと思うのは俺だけ?
なんだかんだいって護と絢子のラブラブっぷりを見せつけられたようだ。
生徒会長に思うところもあったようだけどやはり最後まで応援する立場に。
生徒会長の秘めた思いにエメレンツィアは感づきつつあるのかな?
我孫子先輩のアレはやっぱり女性にしか効果がないのか、仕組みは謎だけど。
じゃあなおさら絢子さんに使えば良かったのでは・・・。
詰めが甘すぎて憎めない・・・なんてことはないな。
こいつの冒頭でのキモさは異常だわ。

でも結局正樹の手で踊らされてる感があるなぁ。
どちらにせよドイツには行くことになりそうな予感。
ヨハンや銀のマリアはどこまで噛んでたんだろうなー。
サブタイはヨハン&エメレンツィアの・・・なんだこの馬鹿兄妹(笑)


★護くんに女神の祝福を! 第22話 「原初への帰還」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

銀のマリアが良い人で正樹が寧ろ騒動の発端か・・・。
正樹の研究が無ければ銀のマリアが出てくることもなかったんだろうし。
銀のマリアはビアトリス発見者としての責任を背負ってるんだな。
銀のマリアの聖か邪かという忠告は最もです。
正樹を尊敬してる護にとっては複雑な気持ちだろうなぁ・・・。
銀のマリアの想いも空しく原初への帰還が発動。
なんか淫獣っぽいのが出てきて絢子さんピンチです。

次回の二人ってのはもちろん護と絢子だよね?
ここにきてヨハンとかに出しゃばられると・・・。
護が居ない状態でヨハンと絢子が同じ画面に居ると
ヨハンが何しでかすか気がかりで仕方がないわ。


★護くんに女神の祝福を! 第23話 「無敵な二人」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

全然無敵な二人じゃねえ!
次回、二人のビアトリスを合わせてなんとかするんだろうけど。
最後のサブタイを「護くんに女神の祝福を!」をしたかったから
該当しそうなサブタイが繰り上がったのかなー。
とりあえずこのサブタイから湯気&裸祭になることは予想できなかったよ(笑)

正樹だけが1人チキンでヨハンは土壇場の行動で好感度ちょっとUP。
銀のマリアの良い人っぷりに磨きが掛かりすぎです。
正樹とヨハンには年寄り扱いされてるけど実年齢が気になるところだ・・・。
護の顔に手を当てて護を評価した所なんかドキドキしてしまった。
間違いなく好感度急上昇。1位は絢子さんとしてもエメレンツィアに迫るぐらい良いキャラに。

それと銀のマリアカーがボンドカー過ぎてワラタ。
ってさすがに素で飛行までは出来なかったっけか。寧ろデロリアン。
ホラクルはこういった正樹の暴走を見越して開発していたのかもね。
”原初への帰還”が微妙にEVA量産型っぽいと思った。翼生えるし。
両棲類みたいな動きしてる時はそうでもないんだけどなぁ。


★(終)護くんに女神の祝福を! 第24話 「護くんに女神の祝福を!」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

開始早々、無敵な二人だった・・・!
これなら尚更前回、無理矢理にでも復活部分だけでも入れれば良かったんじゃあ。
最終回OP削るのはよくあることだし、
1個手前も尺ないなら削ってしまえば良かったのに。
今回はOP削った割にはケツの方がえらい手抜きに(ry
途中からOP映像に繋いで回想とOPのカットでしめるのはさすがに手抜きだと思います!

まぁ、それはそれとして内容としては可も不可もなく。
こういう無敵な結末はみんなの想像通りでしょう。
寧ろ後半のまんまギレン演説のパロディにふいた。
いくらなんでもひねりがなさすぎるっていうか大丈夫なのか?
坊やだからでぃすか!?とかマリアの祝福を!とか最後は遊び心全開。
側面はネタだけど実は生徒会長達の卒業式。
結局、絢子に直接は想いを伝えずじまいだったなぁ・・・。
泣いて別れを惜しんだだけでは絢子に伝わってない気がするし。
エメレンツィアは相変わらず護すきすきーだし。
というか泣く役目は汐音じゃないんだろうか・・・(笑)

全体的な評価。
これだけストレートなラブラブバカップルに焦点当てた作品も最近無かったんじゃないかなぁ?
最終回にいたっては「護が居れば私は無敵!」とか盛大なバカップル発言をしてるし
生徒会メンバーが居ようが出逢った頃の回想でいちゃいちゃ。
もう見てるこっちが恥ずかしすぎるぐらいストレートなカップルだった。
見てて色々不安に思うところもあったけど結局ラブラブに落ち着くんだなー
って気分で見ていられるのは利点でもあり欠点でもあり。
普通の恋愛モノと決定的に違うのは最初っからラブラブな所じゃないかな。
全面に萌えを押し出してる作品ではあるけど過程をすっ飛ばしてるので
最初っからデレデレなのが良いか悪いかで見る目が変わりそうな作品ですねー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/535-c556c112

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99