説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

偽物語 第01話

★(新)偽物語 第01話 「かれんビー 其ノ壹」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

物語シリーズ3作目の偽物語がTVアニメ化。
化物語TVAから約3年の月日を空けて阿良々木さんが帰ってきた!
2作目の傷物語の劇場版も既に決定してますが
そちらに関してはいつもの映画を見に行くのが面倒な法則でどうなるかは不明。
化TVAが2009年夏(7-9月)で偽物語(下)が6月刊行なんですよね。
偽下は延期したような記憶がかすかにありますが・・・。
化TVAが始まった段階で偽下の某歯ブラシのアニメ化をとても楽しみにしてましたが
3年越しにその願いがやっと叶いました。
下なのでおそらく6〜7話あたりにその話が来るんじゃないでしょうか。
個人的には偽単体は元より、物語シリーズ全体を通しても名シーンだと思ってます(笑)

とまぁ、話は原作寄りになりましたが本編の感想に。
化TVAあたりからシャフト演出を好意的に見られるようになってきたのは懐かしい。
あのときとはまた違った今のシャフトっぽい演出が目立ったのと
黒駒演出が全然無くなったことがやたら印象に残りました。
偽物語自体が7割ぐらい会話劇なのでアニメ化難しいとは思ってたけど
会話を飽きさせないように色々演出してるのはやっぱり“らしい”よね。
悪い言い方をすれば、前作よりも更に目が疲れるアニメになった気はします。

上記の通り、化物語より更に会話シーンメインの作品なので
完全に前作見てる人向けで新規の人は面白いと感じるのかなぁコレ。
化のシリアスとギャグのバランスが好きだった人にも賛否両論わかれる気がする。
そういう意味では化により近いのは傷物語だったりするんですけどね。
西尾の明るいノリが全面に出てるだけなので個人的には違和感ないし好きなんだけど
前作見てる見てない問わず、アニメ組がどこまで付いてこれるのか
また、前作は長期的なヒット作品になったけど今作はそうなれるかが若干心配か。

サブタイの通り、前半はでっかい方の妹こと火憐ちゃんメイン。
後半はちっちゃい方の妹こと月火ちゃんメインになっております。
予告の印象が強いから今作で受ける印象が変わるかもしれませんね。
この2人もヒロイン達に負けず劣らず魅力的なキャラです。
そのヒロイン達も怪異という影の部分が薄れて個性全開になってるのでお楽しみに。
撫子さんのラスボスっぷりとか神原の良いキャラっぷりは偽の魅力の一つだと思うしね。

そしてなんと言ってもガハラさんですよガハラさん!
やっとアニメ組にこの呼び名が通じるようになりました・・・。
原作最新刊まで読んでもやっぱり一番好きなのはガハラさんな自分ですが
久しぶりにアニメでガハラさん見られてやっぱりガハラさんは良いなぁと再認識。
監禁とか指舐めとか完全にご褒美だよね・・・指舐めはちゃんとやって欲しかったぜ!

初回故に感想が詰まった感じにはなりましたが
基本は原作通りアニメ化してるので2話以降はあまり長文にはならなそうかな・・・。
次回はラスボスさんこと撫子のターン。
でも偽物語撫子のキービジュアルが個人的にあんまりなんだよなぁ。
それと監禁されてる理由は早くて2話、遅かったら3話ぐらいに判明するんじゃないかな。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5363-e535e391

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99