説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナIII-Final- 第14話

★灼眼のシャナIII-Final- 第14話 「大命宣布」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

新OPED来た!
・・・んだけど前と比べて全体的に地味だなぁ。
EDは特殊EDも多いからあまり気にならないけど
OPはあのテンションの高い映像に慣れてたせいで物足りなく感じる。
今回の話と今後を考えるとこれぐらいのトーンがちょうどいいのかもしれないけど。

というわけでサブタイ通り創造神“祭礼の蛇”が大命宣布。
これは簡単に言えば、マージョリーさんにやったようなことを
もっとフレイムヘイズ前提に根本から行ったようなものか。
元々、復讐が目的のフレイムヘイズが多いんだし
紅世の徒が消えてしまえば存在意義が無くなるということですね。
ましてやそれを宣言したのが創造神というのが強いなぁ。
それにしても戦わなくていいといいつつも
攻撃の手を休める様子が無いのにはワロタ。
まぁ、フレイムヘイズの死=安息、救いという意図かもしれないけど。

悠二がやろうとしてることは良いことずくめに聞こえるけど
悠二を取り戻したいシャナはともかく
他の主要なフレイムヘイズが未だに抵抗する理由は何故なんだろうな。
カムシンさんとかはもはや無我の境地でさして気にしてないんだろうけど。
人間からしても紅世の徒が消えてくれるのは喜ばしいし
この戦い、フレイムヘイズに大義があるのかその辺どうなるか見物ですね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5388-858839a5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。