説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

僕等がいた 第26話

★(終)僕等がいた 第26話 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

矢野を見送る形で終了。
原作はどういう形で続いているのかなぁ?
「確かに僕等はここに居たんだ」
という下りに繋げるのにちょっと無理はあった気がするけど
矢野と七美の出会いからの回想が音楽と共に流れるシーンはやばかった。
回想と言えばそれまでなんだけどBGMとのマッチング
シーンセレクト、演出が神懸かりすぎ。回想シーンで涙腺崩壊したぐらいです(;´Д⊂
このアニメは選曲がピカイチすぎるんだよな。
さすが何曲も挿入歌あったり、七美役のささきのぞみさんボーカルもあるだけのことはある。
最終話でも結局報われない竹内君はマジ可哀想で山本さんは怖すぎ(笑)
結局、全ては二人に集約されてごちそうさま、ということで。

少女漫画の正統派を行ったような作品で昨今のアニメでは珍しかったかな?
ウィンターガーデンもいい王道恋愛モノだったけどアレとはまた毛色が違うイメージ。
口コミで600万部突破の謳い文句は伊達じゃなく引き込まれるストーリーでした。
とにかく原作が気になるなぁ・・・ゴーストハントとかコンプしないでこっち買えば良かったorz
ゴーストハントはゴーストハントで原作面白いんですけどねぇ・・・と話が逸れました。
今回主役を務めたささきのぞみさんはこれからの伸びに期待。
まさに話題に出したウィンターガーデンにも出演していましたけど(笑)
こういう等身大の女の子をやらせたら強そうだけど他のキャラもやったりと
どんどん有名になって欲しい人ですねぇ・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/541-a9b8e9f3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99