説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

武装錬金 第14話

★武装錬金 第14話 「キミは誰だ?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

待望のヴィクター@小山力也キターーー!
収録現場が一番気になるところですが・・・
もし特集というか特典映像付くならDVD絶対買う(笑)
悪役力ちゃんもほれぼれします・・・。
柚姉もきっと現場ではたまらないんだろうなぁ・・・とか思いながら視聴<何か間違ってる

放送遅れてない地域では13、14が1時間SPであっろう弊害か
14話冒頭は13話のおさらいのような構成だったなぁ・・・。
時間空いてたので13話の内容も忘れてて
あれ!?バタフライ撃破とかすげえカットされすぎじゃね?
と焦りましたよ・・・。

カズキを激励する岡倉達に予想以上に感動。
原作でももちろん好きなシーンなんだけど
中の人達の名演や演出のおかげか原作を遙かに上回るシーン。
不覚にもカズキが後ろ振り向かず戦いに赴くカットで泣きそうになりましたよ・・・。

VSヴィクターは微妙に斗貴子さんの出番増えてる。
「裏切りの戦士」という言葉が使われないのは故意かな?
実際に裏切りの戦士ではないけどヴィクターの立ち位置を決める
斗貴子さんとのやりとり良かったのになぁ・・・。
カズキの核鉄はNo.70ではなくNo.3。
カズキのNo.70が偽物であることを印象づけるパピヨンの「70番か」も無かった。
それとこれは戦闘全般に言える問題なんだけど傷痕がもうちょっと欲しいな。
バタフライ戦が終わった後のパピヨンはもっと顔が傷ついてるのに
腹だけブチ抜かれてるのに顔は綺麗だとかなり違和感が・・・。
カズキが血まみれなのに傷が少ないのも同じく。
規制の問題もあるんだろうけど血がいけるなら擦り傷もがんばって欲しいなぁ。

読み返したら不満ばっかり言ってる気がしますけど
実はそこまで不満はなく、寧ろ他のシーンは相変わらず素晴らしかったので
全体的な出来は文句なかったりする。
さてカズキヴィクター化は物語の折り返し地点ですよっ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/546-8c78e172

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99