説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/24の反応

反応

>一 さん
>>あの夏で待ってる7話
>アバン等での作中で過去を振り返っての語りが海人からイチカに代わっていたのが
>話の折り返しを過ぎたんだということを印象付けていたな…
>ただ単に前回海人が「好きな人はいるんだわりとマジで」といって気持ちが完全に固まったので、
>後はイチカの気持ちと宇宙人としてどうするのかという問題だという事かもしれないけど。

うろ覚えですが、おねティもアバンモノローグがチェンジしてた記憶があるので
2人の関係が徐々に進行している証と見ても良さそう。
>海人の気持ちを教えてもらうために檸檬に柑菜が付き合うとは…
>そういえば海人・イチカ・柑菜の中で誰が一番鈍いのだろうなとか思っていた時期がありました…。
>それよりもダイナマイトドリンクって缶で売っているのかよ…衝撃の事実だ(笑)。

缶に詰める努力をしたと考えると檸檬先輩が可愛く見えますよ!
柑菜は酔っ払ってるから気付いてないんだと思いたい・・・。
>映画撮影中に佳織がイチカに「うみちゃんが好きなの」と言った時のイチカの表情や
>イチカが佳織を呼び出した時のイチカの何とも言えない表情がいいな…
>海人の事を好きだと完全に気付いていないのに佳織に対して不機嫌な表情をする所がニヤニヤしすぎて困るな(笑)。

呼び出したのも勢いで呼び出しちゃったりなんでしょうねー。
>イチカに呼び出された佳織が事情を全部話してくれて誤解を全部解いてくれるとはね。
>そして自分の所に海人が尋ねてくると予想して海人宛てに伝言を残し
>イチカにお詫びとして海人と話す場所をセッティングしたりと佳織が良い娘でよかった。
>ただ全部海人の事が好きだからの行動だろうけど…今回の佳織は全般的に格好良かったな。
>佳織で一番印象に残ったのは「参っちゃうなこの夏二度目だよ」でした…口に指を持って言ってる癖も可愛かったけど(笑)。
>佳織は出来上がった映画を見るたびにこの夏の事を思い出すんだろうなとか思ってしまった。

佳織が思ったよりも全然良い子で安心というか切なかったです。
ラグりんのムギナミのせいでかやのんキャラが腹黒っぽく(ry
ムギナミの方も良い子だったし、かやのんボイスはやっぱり優しい娘が似合いますよね。
>佳織が彼氏にふられた時と同じ言葉を偶然再会した幼馴染に沖縄に来てまで言われたのなら泣くのは仕方ないよな…。
>それにしても佳織達は大変だな…佳織の傷心旅行に沖縄に来たと思ったら
>佳織と千春二人ともふられるとは…東京に帰ったらやけ食いコースかな…。

さらりと地元が東京だったことが判明しましたね・・・本当に偶然だったのか。
>美桜の告白は千春の積極的なハンティングと哲郎の「言いたいこと言えよ」という言葉が無ければ
>ずっと言えなかったのだろうという気がする。

哲郎もまさかそんな告白をあの場でされるとは思わなかっただろうに・・・好意には気付いてただろうけど。
>「俺追いかけられるんじゃなくて追いかけていたいんです好きな人の事を追いかけたい」というのが海人の気持ち…告白か。
>佳織とのドタバタで柑菜の気持ちを覚えていて言ったのか
>忘れていて言ったのかは詳しい所は分からないけど海人の結論は完全に出てしまったな。

台詞からすると覚えてるんじゃないかなぁ・・・。
好かれるよりも好きという気持ちを優先するというような言葉だし。
>「でも俺の気持ちが先輩を困らせるなら」と言われ思わず「そんな事ない困ってなんか無いよ」と答えてしまい
>最後のシーンで『私気付いてしまったの…私海人君が…』というイチカの思いはこれ以上加速出来るのかな。
>…その前に三姉妹勢ぞろいするのだろうか。

おねティパターンなら良い所で家族が・・・(笑)
1クールで考えればそろそろ終盤の想いに決着付けていく回だろうから
そういったドタバタ回があるのかどうか不安ですね・・・。
>そういえばダイナマイトドリンクを飲んだ柑菜のあらぶる姿だけでなく
>イチカと海人のキス未遂は檸檬先輩のカメラに収まったのかな(笑)。
>やっぱりキス未遂はダイナマイトドリンク飲んでいたから柑菜は覚えていないのだろうな…。
>沖縄編は柑菜以外にとって色々加速させるスパイスになったみたいですね。
>この良い雰囲気で沖縄から海人とイチカが家に帰ったら凄く居心地いいのだろうな(ニヤニヤ)。

原作ではこの後セクロ(ry
というかえっちなゲームかつ邪魔が入らなければキス未遂の時点で・・・。
「あんなことしちゃって恥ずかしい」という段階がもう過ぎてるのかどうかですね。
でもいきなり時間飛んでるんだろうなぁ・・・こう余韻とかもっと見せて欲しいなー。
>今週のアニメは美桜が裸族と分かったり、ラグランジェは裸で海に入ったり、
>アクエリオンは何故お前までーだったり皆脱ぐのが好きだな(笑)。

ここまで裸好き(?)が多いクールも珍しい。
>灼眼のシャナIII-Final-はどういう条件でシャナと悠二が入籍するのかだけに注目すればいいんじゃないかな(笑)。
盛大な痴話喧嘩の末がどうなるか・・・ってことですね(笑)
>カードゲームで思い出したけど『創刻のアテリアル』が何気に面白そうだ
>http://asitagamienai.blog118.fc2.com/blog-entry-1537.html

ほー、こんなものが・・・。
でもTCGプレイヤーなら7割ぐらいの人が共感してくれると思うんですが
やっぱり“紙のカード”で遊びたいんですよねー。

>>アクエリオンEVOL 第07話
>カイエンの合体時のセリフは素晴らしいものがありましたけど
>夜の学校でのBGMが前作のEDだったので前作を見ていると「おおっ」って感じでした。

そうだ、オムナ マグニについて触れるの忘れてました!
台詞といい、前作ファンがにやりと出来る演出多いのは嬉しいですね。
>>アマガミSS+ plus 第03話
>1期の梨穂子編は幼なじみ以上恋人以下で終わりましたからね。
>普通の幼なじみキャラなら付き合っている段階になっていてもおかしくない設定なんですけどね。

やはりふくよかさが(ry
1期、何だかんだで最後には付き合うんだろうなーと思いきやまさかのでした。
>>妖狐×僕SS 第05話
>原作読んでいたから悪い奴ではないのは解かるんだけどキャラが濃いよなぁ。
>子安武人じゃなくてもここまでの破壊力がある演技ができるとは思いませんでした。

確かに子安さんでも良い感じに演じられそうだ。
キャラが濃くてギャグ要素が強いからこそ、2部に入って読むのに心折れた人は居そうです。
>EDは銀魂以上に酷いといわれていた理由がわかりました。(苦笑)
銀魂は殆ど触ってないんですが、つまりこれ以上に酷いものは早々見られそうにないってことですね!
>>偽物語 第07話
>火憐ちゃんとのバトルが道路が壊れたりと、かなり激しすぎたので
>次の暴力陰陽師とのバトルが同じくらいかそれ以上になると学生塾跡が崩壊するんじゃないかという演出だと思いました。

ドラゴンボールかよ!と突っ込みたくなるような吹っ飛びっぷりでした。
>貝木との会話で将棋関連の話題のカットはあの人達の繋がり的にカットしてよかったのかな?という感じです。
物語シリーズは全てアニメ化したいとインタビューか何かで言ってましたけど
まー、後から捕捉なんてやろうと思えば出来ますからねぇ。
割と会話シーンをちょこちょく削ってるのに7話かかったんだなぁ。
>>灼眼のシャナIII-Final- 第19話
>吉田さんのフィレス召還寸前までが21巻の内容でフィレス召還後が22巻(最終巻)の内容です。
>21巻から22巻の発売まで11ヶ月経っていたので
>原作派にとってはかなりの日数の間で吉田さんの生死不明でモヤモヤしていた時期でもあります。

気付けば最終巻突入してたんですね!かなり話数余裕ありそうな。
未来日記あたりに1話ぐらい分けてあげればいいのに・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5507-bd362ba7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。