説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

地獄少女 二籠 第14話-第26話

★地獄少女 二籠 第14話 「静かな湖畔」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

これぞ地獄少女の王道のような話!
うんうん、やっぱこの救い用の無さが地獄流しだよね。
今回は地獄流し未遂の子供が親殺しの容疑で補導されるとか
後味悪いとかそういう言葉じゃ片づけられないよなぁ・・・。
きくりは結局何がしたかったのか謎。
予告では地獄に流しちゃえ!って煽ってたけど
いざ藁人形を受け取った後には悪いことだよ?と止めたいようにも聞こえる。
あいは「あの子なりになんとかしたいんでしょう」と言ってけど。


★地獄少女 二籠 第15話 「この国のために」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

見てる最中ずっとデジャブを感じてたけどその理由が判明・・・。
そうか、なんとなくコードギアスのスザクっぽいのか!(マテ
内部から変えるという理想論を言いつつその実・・・
みたいなところが私的にかなりイメージが重なった。
まぁ、ここまで最悪じゃないですけど!
こんなこと言うとスザクが嫌いなのかと思われそうだけど寧ろスザクは好きな部類。

それにしても地獄少女はホントにレイプもの好きだな。
名塚圭織さんのイヤー!なボイスを聞けて満足満足。
そういや最近地獄コント無くてしょんぼり。


★地獄少女 二籠 第16話 「悪女志願」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

骨女が凄い献身的だ・・・。
どうやら悪女や男に騙されたところが他人事と思えないらしい。
過去に触れる内容だとは思ったけどあんまり掘り下げはなかったな。
輪入道と元居た時代は近そうだけど判断材料無いので微妙。
次回は比較的現代人チックな一目連の過去話かな?
でも二人の例通りにだいぶぼかされるんだろうなぁ。

そんなことより今回は久しぶりに地獄コントが冴えてて大満足。
骨女の三味線?の音に乗せて
あいが大きく迫ってくるような演出は笑えた(笑)


★地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

一目連の過去メインかな。
まさか一目連が刀の九十九神だったとはね。
目の印象が強いのでそういう職業の人間だと普通に思ってた。
確かに刀なら色々な恨みの場面を見ることになっただろうなー。
ならあのファッションは一目連個人の趣味か。
ぼそっと地獄組を「家族」と言ったり
クールな見た目と裏腹に熱い思いを秘めてる一目連は良いキャラだ・・・。
何故、きくりが正体を知っていたのかは気になる。
大事に扱われてるようだしイメージ的には重鎮の子とかなんだけども。


★地獄少女 二籠 第18話 「あのひとの記録」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

典型的ないじわるばーさんを地獄流しにする話なんだけど
依頼主がすり替わってたりばーさんが真に思ってたことは不明だったり
全体的に元依頼主のダイジェストのような描かれ方してたのが新鮮だったなぁ。
依頼主がすり替わるのはお父さんがわざわざ地獄少女にお願いしたってこと?
二籠の話でそのターゲットはもう依頼されてるから依頼を受けられない話があったような。
それとばーさんが何も言わず地獄に流されるのはやはり消化不良。
消化不良と後味の悪さは全然違うのになぁ・・・。
素材がスタンダードなだけに違った方向でアピールしようと思ったのを
ベクトル間違えちゃったような印象の回でした。

次回は再び輪入道の過去について?
予告がやけに裸率高かったのが気になった(笑)
ってかあいも?あいもなのか!?


★地獄少女 二籠 第19話 「湯けむり地獄、旅の宿」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

輪入道が地獄組に入った経緯がついに判明!
あの後どうなったかと思いきや近くで車輪が燃えてたせいで
火炎入道として化けて出ちゃったのね。
そこをあいに拾われる形で仲間に・・・
それでも「足になれ」は無いと思ったよあい。
しかしそんな輪入道の過去話は全編に渡る裸祭りで見事持って行かれた気が(笑)
ストレインのラヴィニアといい最近裸で走るのがブームなんでしょうか?
あいや女将さんの入浴姿!入浴姿!
あいは予想通りぺったんぺったん・・・性欲を(アッー

もう次で20話なんだけどきくりの話はまったく出てこないなぁ。
20話と言えば前作では地獄少年の話でした・・・。
予告見ると真面目な話っぽいので残念(マテ
後は骨女の正式な経緯が出てくれば補完完了か。
3〜4話あればきくりの話はまとまりそうではあるけど
もうちょっと伏線を小出しにして欲しかった・・・。


★地獄少女 二籠 第20話 「乙女のアルバム」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

地獄少女にはやはり後味の悪い話が似合う・・・。
今回疑問に思ったのは結局友情が元々存在したのに
恨みが強くないとアクセスできない地獄通信に何故アクセス出来たか、だよなぁ。
結果的に一目連の介入で事態が悪化したような気がするのは気のせいですか!
勘違いをしたあげくそのまま交通事故とか不運すぎる。
ずっと一緒に居たいから自ら地獄行きを望むターゲットといい
良い具合に狂ってて素敵な人間関係ですね(褒め言葉
人を恨むということに狂気はつきものだし
ベクトルは違っても狂気っぽさが出る話は大歓迎です。

予想通り骨女の過去話もついに次回にキタ。
骨女の次は1話ぐらい挟むかノータイムできくりの謎かな?


★地獄少女 二籠 第21話 「紙風船ふわり」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

骨女の加入はなんだかあっさりだったな。
どちらにせよ輪入道と同じように過去の因縁に出逢うのは
都合良すぎじゃないかなぁ。
輪入道は勧誘〜加入までのエピソードだったけど
骨女は生前〜死亡までのエピソードが主。
どちらもそのエピソードに縁がある人物と現代で再会してるしなぁ。
過去と今回の地獄流し自体はよくある愛憎劇なので割愛。
強いて言えば地獄送りコントの赤ちゃんが異様すぎて怖かった・・・。

次回はまさかの第14話 「静かな湖畔」の拓真少年再登場。
予告できくりも喋ってたしきくりが拓真に関わっていくのかなぁ?


★地獄少女 二籠 第22話 「憧憬」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

次回予告といいどうやら二籠は
前作の柴田親子=拓真のような位置づけになりそうですね。
今回、拓真が胸キュンになった年上のおねーさんはあっさり地獄流し。
周りからの評判はどんどん悪くなって暗い雰囲気に。
最後は拓真が誰かを地獄流しにしたりするのかなぁ。
もしくは地獄少女自体を憎むようになるかどちらかかな。
きくりは拓真と関わっているようで深いところで全然関わってない気が。

正直、全体的な話のまとまりとしては前作の方が遙かに良かったなぁ。
拓真の話も取って付けたような感じと
一つの地獄流しエピソードを少し広げてるだけだし、現状。
前作のようにラストがどうなるのか!?っていうハラハラが全然ない。
地獄少年のようないろんな意味で衝撃エピソードもないしなぁ(笑)
@4話でせめて前作と同じぐらい面白かった
と思えるアニメになってくれるのかなぁ・・・。


★地獄少女 二籠 第24話 「連鎖」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

柴田親子が再登場で遂に前作と話が繋がったのはいいけど
激しく今更感+つぐみの貴方(刑事)なら・・・
とここで主人公的立場を作るのは無理があるんじゃないか?
とりあえず前作から10年近く経っていることは確定かな・・・?

柴田親子を再登場させる気ならせめて2クール目ぐらいから伏線入れて欲しかった。
唐突に出てきたのは物語を無理矢理まとめるためにしか見えないよ。
ただ、地獄流しの連鎖っていうのは”人の業”という観点で見れば面白い。
”悪魔の子”という噂と”人の業”が絶妙に絡んで悲劇に悲劇が・・・。

次回は衝撃的な人物がターゲットになるっぽいですが・・・
とりあえず、拓真、刑事、妹の三択は間違いないと思う。
問題は誰が誰を流すか・・・
恨みの感情で言えば
拓真→自分or刑事→拓真 が妥当な気がしますが。
まぁ、次回は最終回ではないのでゆるりと。


★(終)地獄少女 二籠 第25話 「彷徨」 第26話 「あいぞめ」
総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

結局柴田親子が意味深に出てきたのはなんだったんだ?
地獄通信の真実を伝えるためだけの役?
最後は予想の斜め上を行く超展開だったけど
あいが拓真のためにそこまでする理由もいまいち弱い気がするな。
きくりはもうちょっと丁寧に正体バレして欲しかった・・・。
地獄のお偉いさんっていうアバウトな認識でいいのだろうか。
個々の解釈に任されるようなラストだけど
人に恨みがある限りそこに地獄少女は居るってことかなぁ・・・。

前作と違い取って付けたような終わりに思えて
二籠自体が蛇足だったような気がする俺。
地獄組の過去話とコントだけで良かったよ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/555-d6b6ef93

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99