説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの夏で待ってる 第10話

★あの夏で待ってる 第10話 「先輩と、僕らの。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なつまちが始まったかと思いきやアマガミが始まっていた。
何を言ってるかわからねーと思うがとりあえずリア充爆発(ry
んもー、いちゃいちゃしおってニヤニヤするわ!
イチカ先輩のくっついていたい性癖は危険すぎるな。
甘えてる感じの先輩の年上ギャップがやばすぎる。
檸檬先輩の好意に甘えてただれた生活を送りたいものだ(笑)
イチカ先輩はゴムを知らなかったのかよく見えなかっただけなのか。
それともそういう文化ではないのか。それが問題だ。
・・・いやまぁ、技術発達で避妊とか思うがままなのかもしれないけど。

今回は色々と人間関係に決着が付きました。
中心であった海人が先輩とくっついたんだからそりゃ動きますよね。
予想以上に哲朗について掘り下げられたのは嬉しかった。
哲朗が何を考えていたのかがやっとわかりましたね。
基本的には海人も柑菜も応援したかったのが本心なんだろうけど
焦れて一石投じてあわよくば・・・と思ってしまったんだろうな。

哲朗から柑菜への告白は思ったよりもお互いに爽やかで良かった。
柑菜の背中を押すあたり、哲朗と柑菜は似たもの同士なのかなぁと思いました。
美桜は相変わらずのストーカーっぷりに思わず吹いた。
柑菜や哲朗をけしかけて最後には傷心の想い人を慰める、美桜さんマジ策士。
哲朗のあわよくば〜といい、哲朗と美桜は生々しさが寧ろ好きですけどね。

柑菜の告白も笑顔で出来て笑顔で振られて後味良くて何よりです・・・。
海人のお断りが即だったのは思わず笑ったけどな(笑)
たとえ、哲朗から聞いていなかったとしてもちゃんと断れたと思う。
最近の海人の行動力や格好良さは、初期の妄想ばっかりしてる頃とは大違いだ。
基本的にはどのキャラも好きですねー。

そしてこのままハッピーエンドに・・・とは行かないのがお約束。
ここにきてイチカ先輩のお姉さん登場とな。
中盤ならおねティのようにギャグ展開になったんだろうけど
次回のサブタイを考えるとどう見ても連れ戻しフラグだな!

最終話のサブタイから想像すると
連れ戻し→がんばるけどやっぱり無理→戻ってくる約束をしつつ記憶操作
→イチカ先輩を忘れて日々を過ごすが●年後の夏再会→記憶が戻る
みたいな王道展開になるんじゃないかなぁ・・・アレこれって(ry
個人的には“今風”おねティだと思ってるので、このオチでも歓迎ですけどねー。
おねティ最終話でぼろぼろ泣いたし、なつまち最終話でもぼろぼろ泣きそう。
コンテが長井監督なのも楽しみです。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5567-8accf1fe

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。