説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

Kanon 第16話

★Kanon 第16話 「真夜中の聖譚曲〜oratorio〜」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

うん、やっぱり真琴の時と同じような構成になるんだね。
序盤は舞シナリオのエピローグというかフォロー。
反応とかであった卒業式にでられないような不安な発言が・・・。
というかずっと入院なら実質物語からドロップアウトだよねぇ。
しおりんと香里、あゆなゆだけで話進めていく気か。
しおりんのラストは覚えてるけどエピローグは覚えてないので
今後物語に関わってくるかどうかは思い出せないな・・・。

どんどんヒロインが減っていけば名雪のチャンスが増えていきますね(マテ
名雪と言えばやっとこさ自分を見てくれない祐一への不満
のような感情が出てきた。
ずっとぼーっとしてるボケキャラだったけど今回はしっかりした一面も見られたし。
だからこそホントはしっかりしてるから私のことも構ってよ!
という名雪のメッセージを感じないこともない(笑)
キャラが減ると出番も均等になってきて名雪もあゆも印象強かった。

それでもメインはしおりん。
ストレートにデートがあってOPのアレンジの挿入歌付きという優遇のされよう。
デートはともかく雪合戦とかゲーセンではしゃぐのは普通にダメだろ(笑)
この後、栞の余命が短いことを姉の香里から直接聞くわけですが。
苦しそうな描写もなしにはしゃいでるシーンとかあったら
栞シナリオが繋がっていかない気がするんだけどなー。
ただでさえラストは安易っちゃ安易なのに。
普段元気→急に余命僅か→ラスト だといくら何でも超展開すぎるよね!
デートで喜んだりストレートに好意伝えるしおりんが可愛すぎるからいいんだけどさ!

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/559-4785d413

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99