説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの夏で待ってる 第11話

★あの夏で待ってる 第11話 「行かないで、先輩。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

大体は予想通りの展開って所かな。
まさかこんなアクション主体になるとは思わなかったけど(笑)

というわけでイチカ先輩のお姉さん、エミカさんが先輩を連れ戻しに登場です。
やっぱり救助機壊すのは不味いに決まってるよなぁ!
残骸とか残った時点で地球からすればオーバーテクノロジーなわけだし。
自爆装置とか痕跡残らないような技術があるのかもしれないけど
更に調査が重なるのは自明の理でした。

宇宙人設定はおねティ見てると全然違和感を覚えないんだけど
なつまちしか知らない層から見るといらない設定に思えるのかなぁ。
連盟云々の単語が出るだけでwktkが止まらないのに。
そもそも、その前提の設定にケチを付けるなら1話の時点で見なければいい。
話だけを見ると、中盤の宇宙人設定の空気さは同意出来るけど
この作品は「おねティ」リメイクという意味合いが強いだろうからなぁ。
元ネタがあって、という作品なのでその辺深く考えず楽しむべきだと思う。

どう足掻いても正攻法じゃ別離が待ってるのは予想通りだったけど
ここにきてまでまだ柑菜がイチカ先輩に後押しすることになるとは・・・。
なぜ2話前と同じような言動をしてしまうのか。
柑菜ちゃんは本当に人が良いというか・・・これも海人への愛なんだろうな。
哲朗が柑菜を責めるのはお門違いにもほどがあると思うけど
柑菜の諦めの気持ちを知ってるからこその台詞なのかなぁと思いました。
柑菜のヤケクソにも見えるようなカップル認定行動はおもしろ可愛かった(笑)
「だったらそうしろ!」とか「幸せになれバーーーカ!」とか捨て台詞似合いすぎる。
ホント良い子なのになぁ・・・哲朗は美桜と映画の約束をしていたし
やっぱり1人負け組になりそうなのがカワイソス。

今回は最後まで傍観者に徹すると思ってた檸檬先輩が、積極的に助けてくれてびっくり。
エミカさんに気付かれないで接近して二人を応援するように説得するとか
一通りの免許を持ってたりカーチェイス慣れすぎワロタだったりと
謎がより一層深まるような行動ばかりでしたが・・・。
便利キャラと言ってしまえばそれまでだけど
どちらかというと、メタ的にストーリーを導くキャラだと思う。
おねツイ時の苺のオマージュという意味もあるだろうしね。
ここは俺に任せて先に行け!の王道展開といいこまけぇこたぁ(ry

なんだかんだで目的にはたどり着けそうだけど
そもそも景色を発見しただけで事態が好転するとも思えないんだけどなぁ。
なんだかんだでやっぱり連れ戻されて、何年か後に再会パターンだと予想しておきます(笑)
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5590-8ab9ed10

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。