説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

輪廻のラグランジェ 第12話

★(終)輪廻のラグランジェ 第12話 「またいつの日か、鴨川で」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

次回予告からしてどんな最終回になるんだ?
と不安の方が多かったんですが、終わってみると良い最終回だった。
というか、アバンでいきなりゆりゆっらっらと始まって
1話飛ばしたのか、前回の引きの記憶が間違ってるのかと思ったよ・・・。
ランからの告白だとガチっぽく見えたんだろうな(笑)

前回の続きは回想という形で補完。
結局、まどかが何をしたかっていうと花を降らせただけ。
それには何か意味が・・・「輪廻」が絡んでるんだろうけど分からずじまい。
謎の海岸は心象世界?ミドリの中?
話してる相手はユリカノでユリカノは自分の意思でそこに居る、と。
戦闘自体はディセルマインの艦隊が地球に到着して決着。
このままだとヴィラジュリオの身が危ないと察しムギナミは離脱。
それを行かせるランはムギナミとちゃんと絆が出来てるんだなーと思いました。

ランはディセルマインの迎えと共にいったん帰国。
輪廻を大喜びしてたモイドさんも一緒に帰っちゃったけど
こちらも結局何がしたかったのか謎だなぁ・・・。
ミドリは動かなくなったから置いていったんだろうけど
オルカはランと共にレ・ガリテに持って帰ったのかなー。
別れは悲しいというより、2期あるんだから再会絶対するよねっていう(ry
ランと別れてから我慢してた涙が溢れるまどかは良かった。
っていうか今期の石原夏織は泣きすぎや!主に柑菜だけど!
エピローグではしっかりジャージ部の活動で元気を取り戻したようで何より。

ムギナミはエピローグでまどかに手紙出してたけど
ウォクス持ち逃げとほぼ同意義なのにそんなことやってても大丈夫なんだろうか。
というより、どうやってその手紙は届けられたんだ。
三馬鹿はどういう経緯かBWHで働くことになっててワロタ。
まぁ、帰る手段無いんだからしょうがないのか・・・。
知られてるかはわからないけど、鴨川の英雄だしこのまま鴨川愛に目覚めて欲しいな。

色々と謎を残したままですが話自体は綺麗な最終回になったかなー。
最後にアステリアが「この宇宙を安寧と惨禍で創った永遠のループに引き込んだ魔女」
とか謎を更に増やしていったけどな!
輪廻=ループって考えると、2万年前に輪廻を開いたのはアステリアか?
ループというのはまんまの意味では無く比喩なのかもしれないけどね。
闘争の繰り返しを云々っていうのはよくあるテーマだと思うし。
まぁ、元々分割2クールなので謎が残るのは予想済み。
それだけ2クール目が楽しみってもんですよ!

1話の最初に繋がるような終わりで最後までラグりんらしくて良かった。
どこが面白かった?と聞かれると「雰囲気」という曖昧な回答しか出来ないけど
2期にはかなり期待してます。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5612-63c3ecb1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99