説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

あの夏で待ってる 第12話

★あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ガチMIB登場で吹いた。
しかも檸檬先輩と真奈美さんの旦那が所属しているというね。
なるほど、檸檬先輩の万能っぷりはソレが理由か。
正直、回収されると思ってなかったしまさか本当にMIB登場とはね。
でもあのトランスフォームバンは今の技術力的に無理があるだろ(笑)
おかげで友人ズは誰も怪我などすることがなくて何より。
死人出るとかなくもない話だったからなぁ・・・。

みんなの助けのおかげで、無事イメージの場所にたどり着けた2人。
そこには確かにイチカの星の技術が使われていました。
しかし痕跡はあったということはイメージを通して伝わって来たけど
そのもの自体は森林伐採により無くなっていました。
追っ手も膨大な数が追いついてきてイチカ先輩は逃亡を断念。
まぁ、やっぱり別れが訪れる展開になりますよねー!
予想はしてたけど、とまっちゃんの名演もあってやはり泣いてしまった。
イチカ先輩が地球を見下ろしてぼろぼろ涙流して「待ってる」決意をするシーン良いわぁ。

それにしても驚いたのは、仕掛けにより過去に地球に来た宇宙人のメッセージが流れたけど
そのメッセージの声が井上喜久子さんだったこと。
メッセージからすると、最後は連れ戻されてしまったという内容だったけど
まさかおねティがバッドエンドでしたとかはないよね・・・?
おねティでは普通に家族が地球に来られてるしなぁ。
ファンサービスみたいなもので深く考える必要はなさそうかな。
おねティとのリンクを匂わせるような演出は嬉しかったけどね。

エピローグで時間が無くて「まさかこのまま終わるのか!?」と心配したけど
最後のカット的になんだかんだで地球に戻ってこられたようで何より。
その辺まったく語られなかったのが残念というか
再会シーンをもっと演出して欲しかったのが本音。
おねティのラストが好きだったのはその辺も大きいからなぁ。
記憶封鎖云々が出てきたのに実際にはされてないっぽいしね。
取り残されたりのんがMIBに協力したおかげで
イチカ先輩の星と接触できるように地球が成長したんだろうけどさ。
おねティとだだ被りにならないようにひねったラストにしたかったのは伝わって来た。
結果だけで言えばおねティと一緒なんだし、記憶関連はやっても良かったと思う。

とまぁ、最後は若干の不満は残ったものの
おねティが大好きな自分にも満足できる作品でした。
おねティが好きだからこそ満足できたとでも言うべきか?
おねティ見てない、あの花見てる人は批判的な意見多そうな気もしますね。
こういう作品は細かいこと考えずに、イチャラブとか青春楽しめばいいのに。

とりあえず、最終巻でイチャラブメインの13話が追加されるのを待ってます(笑)
それとはちみつ授業(ドラマ)的な・・・ね?
今回の電車でのイチャラブでのニヤニヤっぷりはヤバかった。
この後、泣くことになるんだろうなーと思いつつもニヤニヤ止まらなかったぜぇ・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5613-ec6bb9ad

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99