説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第28話

★機動戦士ガンダムAGE 第28話 「地球圏の動乱」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

フリット編第2部完結!あ、アセム編でした。
最後の最後まで一番目立ってたのがフリットというね・・・。
極めつけはキオ編最初のサブタイが「じいちゃんのガンダム」
あっれー、とうちゃんのガンダムじゃないの・・・?
そして予告にバスク・オム化してフリットは映ってたけど
アセムは影も形もないというね・・・アセム編とは何だったのか。

結局、癒着していたのは首相という、予想通り上層部が腐ってたけど
子安が最後まで味方だったのは正直意外でした(笑)
首相はフリットに「復讐にとりつかれた~」的なことを言ってたけど正にだな。
君が泣いても殴るのを辞めない!状態の元主人公という構図は新鮮。
AGEの数少ない面白い部分と思うので、フリットは死ぬまで考え曲げないで頂きたい。
それはそうと、グルーデックさんのデータって消えたんじゃなかったの・・・?

次回からキオ編スタート・・・今度は尺あるし本番だよな!
ここまで来たら最後まで付き合うのでキオ編ぐらいはまともに楽しませて欲しい。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5691-de6a4787

コメント

>アセムは影も形もないというね・・・
公式ツィッターでラフが公開されてました。(一応親父の若い頃に良く似たイケメンに成長してる)
>結局、癒着していたのは首相という
政府のトップが敵とグルで無いと流石におかしい点が多すぎたのでヴェイガンの正体同様、話数一桁のころからこんなことじゃないかと・・・
>子安が最後まで味方だったのは正直意外でした(笑)
キャスト陣も「こいつが一番怪しい」と言ってたらしい・・・
>君が泣いても殴るのを辞めない!状態の元主人公という構図は新鮮。
>フリットは死ぬまで考え曲げないで頂きたい。
グルーデックは家族を喪ったとき、もう大人だったから
現地指揮官のギーラをぶっ殺して気が済んだ。アセムもウルフが死んだ時、その場で仇を討って頭は冷えた。だがフリットは子供時代からの怨みを引きずったまま、上塗りが重なってしまったのがこの結果なのかもしれません。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。