説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第19話

★Fate/Zero 第19話 「正義の在処」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

切嗣の回想後編。

今回は前回の事件から暗殺者になるまでお話。
切嗣は青年と言える年齢ぐらいなんだろうけど既に力ちゃんボイス。
これならPhantomのツヴァイと年齢大差ないんだろうし
入野自由ボイス継続のままの方は違和感なかったような。
欲を言えば中間を担当するキャストがいれば良かったんだろうけど
そこまで声を替えても違和感ありそうなので我慢我慢。
最後の顔芸+切嗣の台詞と力ちゃんボイスのギャップが気になったぐらいかな。

1話で言ってた「1人の魔術師のために旅客機ごと」というのはこの事件のことだったのか。
見ている最中はすっかり忘れてたけどな!
切嗣が船を持ち出したあたりからは嫌な予感がしましたが・・・。
最後にナタリアさんが笑顔だったのは切嗣の本質を理解していたがためかな。
被害を最小限に確実に抑える方法として確かに最適解。
「正義の味方」とは多くの人を救えることだという信念。
感情と行動を切り離せる資質を持った切嗣だからこその結末だったというべきか。
推測でしかないけど、ナタリアはその資質に気づき切嗣を拾った時点で
いつか切嗣の正義によって裁かれることは覚悟してたんじゃないかなぁ。

次回は久しぶりの本編。
この予告を見るとFate/Zeroという感じがしますね!
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5759-964a0d74

コメント

>切嗣は青年と言える年齢ぐらいなんだろうけど既に力ちゃんボイス。
タバコの件でナタリアからツッコまれてた所から察するにまだ十代っぽいんですが今時こんな渋い声の十代キャラはあんまりいないと思う・・・(サウンドドラマ版では若い頃の切嗣の声は入野自由氏で統一されてるようです)
>「正義の味方」とは多くの人を救えることだという信念。
だが、その救えた多くの人の中に自分の大切な人が居なくて何が正義の味方か・・・本当はそう思っているからこその慟哭、そして後年の「僕は正義の味方になりたかった」(なれなかったでしたっけ?)なのかも知れません。
(アニメ感想) Fate/Zero 第19話 「正義の在処」
PING:
BLOG NAME
投稿者・ピッコロ
to the beginning(アニメ盤)(DVD付)(2012/04/18)Kalafina商品詳細を見る
☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコ...

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。