説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

Kanon 第18話

★Kanon 第18話 「消え去りゆく緩徐楽章 〜adagio〜」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あぁもう!ホントにしおりんが反則的に可愛いんですけど!?
何が会えたのが嬉しくてさ!俺も体当たりされたいよ!
栞は実際大勢に祝われるのと祐一と二人っきりで過ごしたかったの。
どちらの想いの方が強いのかなー。まぁ比べることは出来ないか。
腹一杯でダウンしてる祐一・・・これが膝枕だったら良かったのに!
それでものぞき込まれるカットはやばすぎる破壊力だけど(*´Д`)

栞の誕生日パーティーにいきなり名雪を誘うのはどうなんだ・・・?
というか祐一を呼びに来た女の子って説明ぐらいしてやろうよ。
あゆは面識あるからいいけどさ。
いざパーティーになってみるとやたら大勢居るんですけど!
これ全部祐一が集めたのか・・・?
メインは祐一達の机で他の人はその場に居ただけって可能性もあるけど。

しおりんの反応がいちいち可愛すぎて・・・。
北川の祐一への手が早い突っ込みは誰もがしたかった突っ込みを代弁してくれたよ。
名雪は「祐一のはそういうのじゃないから」とフォローはしたけど
真意はどう思ってやるやら・・・不安に思ってるのは確かだろうし。
香里が祐一の熱い説得の甲斐あって誕生会に顔出したけど
この気まずすぎる雰囲気は・・・(;´Д`)
そんな殺伐とした誕生会に救世主北川が!!
例の舞踏会の時の衣装を身につけてレッツダンシング。
京アニだけあってダンスの動きがすげえ・・・ハルヒダンスがここに活きたな(笑)
祐一への突っ込みといいケツ振りといい北川大活躍すぎ。
そしてこの場は祐一だけじゃあフォロー仕切れなかったでしょう・・・。
理由も聞かず祐一に協力してくれる北川はいい友人だわ。

一同笑いに包まれつつも肝心の姉妹はやっぱり気まずい雰囲気。
この2人のなんとも言えない空気が雰囲気出てて最高ですね・・・。
お互い意識してるのに目線敢えて逸らしたり見たり・・・。
一歩踏み出すか踏み出さないかのお互いの葛藤が台詞なしに表現されてて良かった。
最終的には姉の香里が勇気を出して栞を認められた。
といっても確執があったのは香里だけだし当たり前と言えば当たり前だけど(爆死)
とりあえずこの部分で涙腺やばかった・・・(;´Д⊂

その後の二人のデートは普通の恋愛してて幸せそうだった。
しおりんが手を繋ぐのに凄く恥ずかしがってる様子が最高に可愛すぎますよ?
というか「今日は遅くなるって〜」=えちぃフラグだよね?(笑)
って噴水でキスはここかー!原作のあのCGの印象が強くて・・・。
栞のダークサイドが語られるけど・・・カッターナイフの「カチカチ」って音こええ!
そういやしおりんはリストカット少女だったなぁ・・・全然忘れてた(苦笑)
栞の独白は痛々しいけど告白のようなもので・・・
「私、笑って居られましたか?」で完全に涙腺が。・゚・(ノД`)・゚・。
そして隙をついてのほっぺにちゅで可愛さ1000%SPARKINGした(マテ

暖かいもの買ってきます→倒れる
という展開かと思いきやしおりん消えちゃったよ・・・(;´Д`)
キスして恥ずかしがって買いに行ったんだと祐一は思っちゃうよな。
ってメモ書き見て終わりかよぉぉぉ!?
栞が居なくて涙腺再び・・・→ED→( ゚Д゚)ポカーン
だったよ・・・orz

次回予告が意味深すぎてガクブル。
真琴が消えたし栞も死亡ですか・・・?
とりあえず先にあゆルートに行くことはわかった。
でもこれがフェイクであゆ→名雪→あゆエンドみたいな流れだと笑う。
今回は今まで一番良かった回かもしれない。
しおりんの可愛さ、切なさ、北川(笑)が堪能できて大満足。

追記。
どうでもいいんですが
栞の誕生日は2/1なんですね・・・
放送日(2/1 25:00)=誕生日(2/1)=命日(放送日)
ということに気付いて笑ってしまった。
いや、死んでるかわかりませんけど!

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/587-756956e1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99