説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

エウレカセブンAO 第11話

★エウレカセブンAO 第11話 「プラトー・オブ・ミラー/mirror of the world」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

いったい何が起こってるんだってばよ・・・!

結論としては視聴者が見ていたエレナは偽物のエレナ。
歌手のミラーはスパイとしてゲネブルに潜入してましたが行方不明。
本物のエレナは死亡済み。
偽エレナはそれらの役柄を演じているということか。
今回のラストにウィッグと花がそれぞれの暗示ってところか。
それを演じるのを辞めたエレナには何が残るんだろう・・・。

そして、エレナの存在が異質であることも今回明らかになりました。
そのことをゲネブルも把握してる・・・やはり何か隠してるな。
エレナの記憶のフラッシュバックの中に、レントンエウレカの相合い傘があったことやエウレカに連れられてる様子から交響詩篇の世界から来た可能性が・・・?
そもそも、今回のシークレットは現実と幻覚がごっちゃになってわからなくなっていたし、壮大な夢オチという可能性が割と出てきたんだよなぁ。
エウレカやレントンが出てくれば少しは話が進むのかなー。

今回の話自体は( ゚Д゚)ポカーンとしたけど、伏線は面白そうなんですよね・・・。
それがきっちり回収されてこの話にも意味があったんだ!とかなれば評価は上がりそう。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5900-4662fda7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99